BUNGO-ブンゴ-

ブンゴBUNGO【258話】最新話ネタバレ感想|文吾を潰す!嫉妬に狂う三科

こんにちは。ひらりです。

2021年2月18日発売のヤングジャンプより、BUNGO-ブンゴ-【258話】を読みました。

257話では、打席の河村がバットを振り抜くと、ボールはスタンドへ・・・。これで、2打席連続のホームランとなりました。

打たれた先発の岩塚に駆け寄っていくのは、キャッチャーの伴野。しかしそこで・・・伴野は知多のペースで試合が進んでいると話したのです!!

ブンゴBUNGO【258話】最新話ネタバレあらすじ

試合前、富士ヶ丘の対策を語る知多。

監督はまず、河村の前にランナーを出さないということを指示します。

河村に打たれたとしても、最少失点に抑える。

それこそが、監督の狙いでした。

最少失点に抑えれば、打ち勝てる自信があるのです。

もう1つの策は、伴野の前にランナーを溜めること。

これは、チームの勝敗を伴野に委ねるということでした。

監督に視線を送られると、燃えるような闘志を出す伴野。

彼は生まれながらのリーダーであり、重い責任を負うほどに力を発揮するのです。

4回裏まで、監督の指示通りの展開で進んでいる・・・。

それが、伴野が知多ペースだと話した理由でした。

ただ、リードされているのは自分が打てなかったからだと謝る伴野。

それでも最後には自分が勝ちに導くと、言いきったのです。

大丈夫だと言う伴野の言葉を聞き、自信を高めるのは先発の岩塚。

今まで伴野が大丈夫と話したときは、いつも大丈夫だった・・・。

岩塚は自信を持って投げ、4番の西浦を打ち取りました。

4回裏、知多の攻撃。

伴野の前にランナーを溜めたい知多は、意地を見せます。

ツーアウトながら、ランナーは2塁。

打席に入った伴野ですが、バッテリーは敬遠を選択しました。

ツーアウトランナー1・2塁となって、打席に向かうのは三科。

その三科は、スタンドにいる文吾を睨んでいます。

疑問を感じる文吾に、心当りはなし・・・。

なぜなら、それは三科の一方的な思いだったのです。

静央の試合を見に行った伴野と、話しをした三科。

その時、伴野は文吾を凄いと言いました。

ただ、それはいつものこと。

伴野は人の長所を見る人間で、まず長所を挙げるのです。

しかしこの時、伴野は文吾の球を受けてみたいと話しました。

長年バッテリーを組んでいて、伴野から受けてみたいという言葉を聞いたのは初めて。

エースの三科ですら、そんなことは言われたことがありません!

嫉妬に狂う三科は、文吾を潰すためにこの試合に勝つつもりでいます。

その気持ちを力にし、タイムリーツーベースを放つ三科。

2塁ランナーはホームに帰り、1点差に迫る知多。

さらに、ランナー2・3塁のチャンスが継続しています。

逆転を狙う知多ですが、そこで動いたのは富士ヶ丘。

マウンドに、エースの碓井を送ったのです!!

ブンゴBUNGO【258話】感想

知多ペースで進んでいるという伴野の言葉は、作戦通りだと言うことでした。

その策を挫く敬遠にも、奮起したのは三科。

知多のエースで5番の打つ三科は、伴野の次にチームで重要な人物なのでしょう。

実力も、2番手のように見えます。

そんな三科は、文吾に燃えるような嫉妬を抱いていました。意地でも直接対決で、文吾を潰したいようです。

一方、この試合に全ての力を注いできた富士ヶ丘。

まだ1点リードしている展開なので、とりあえず河村に投げさせた方が良いと思いますが・・・。

打順も6番で下位になりますし、ここでの意図は今のところ分かりません。

ブンゴBUNGO【259話】考察予想

マウンドに碓井を送った富士ヶ丘。

1回戦で登板している碓井は、これで2試合連続マウンドに上がったことになります。

つまりこの時点で静央との試合に、碓井が投げることはなくなりました。

シニアのルールでは球数制限と、3日連続の当番は認められていません。

一方の知多は、1回戦で投げたエースの三科を温存している状況。それでも、知多が勝利すると予想します。

碓井を伴野が打ち砕き、知多が逆転勝利!!そんな展開を予想しました。

ブンゴBUNGO【259話】へ

まとめ

この記事では、ブンゴBUNGO【258話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

「BUNGO-ブンゴ-」を1冊無料で読む