BUNGO-ブンゴ-

ブンゴBUNGO【257話】最新話ネタバレあらすじ感想|負ける事

こんにちは。ひらりです。

2021年2月4日発売のヤングジャンプより、BUNGO-ブンゴ-【257話】『負ける事』を読みました。

256話では、知多シニアと富士ケ丘シニアの試合は、1回裏。知多が攻撃をしています。ランナーを2人置いた状況で、打席に入るのは4番の伴野。

アンダー日本代表でも4番を打つ伴野は、もの凄いプレッシャーを西浦にかけました。しかし、河村のファインプレーによって伴野はアウトとなります。

それでは、この記事では、BUNGO-ブンゴ-【257話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

最新の「ヤングジャンプ」を無料で読む

ブンゴBUNGO【257話】最新話ネタバレあらすじ

試合を眺め、凄いと呟く文吾。

その言葉を聞いた袴田は、河村のプレーを称賛します。

ホームランも今の守備も、河村の身体能力があってこその技。

試合の流れは、河村が支配していると袴田は感じていました。

しかし・・・幸雄は文吾の本心が、別の意味だと分かっています。

伴野を見事に打ち取った西浦に、声をかけるキャッチャーの皆浦。

そこで、西浦の異変に気が付きました。

彼女の・・・異常な汗・・・。

それは、伴野から受けたプレッシャーによるものだったのです。

完璧なコースに投げれば怖くない伴野ですが、それが出来たらピッチャーは苦労しません。

少しでも甘く入れば、持っていかれる圧を受けた西浦。

たった1打席で、かなり疲弊していました。

スタンドの上から、そのプレッシャーを感じ取ったのは文吾。

河村よりも、文吾に伴野が目に入ったのです。

西浦の様子を見て、河村に話しかける皆浦。

早めの継投を考えてくれと、頼むのでした。

2回の攻撃は0点に終わり、3回表。

1番からの好打順だった富士ケ丘ですが、知多の好守備によってツーアウトとなります。

悔しがる皆浦と碓井。

皆浦は、3番の河村に謝りました。

すると、2人にしては良かったと答える河村。

碓井はいつも通り怒りを感じますが、河村の言葉は今までとは違うのです。

嫌味ではなく、本当に良いバッティングだった。

河村はそう話し、知多の守備を褒めるしかないと話したのです。

惜しかった・・・。

そう呟く河村を見て、2人はその変化を感じました。

打席に向かった河村自身も、自分の変化に気付いています。

彼が知ったのは・・・負ける事。

天才ゆえに敗北を知らなかった河村は、石浜文吾という自分より上位の天才と出会いました。

敗北を知った河村は、そこから這い上がる強さと尊さを同時に知ったのです。

全国の予選から、身体能力や技術が上がったわけではない・・・。

河村は、そう自己分析。

ただ・・・当時より、自分には深みがあると感じていました。

そんな河村は、一振りでボールをスタンドに運びます!

予選の時の河村とは、大きく違うと感じる袴田。

真っ向勝負で4打席、河村を抑えられるかと文吾に尋ねました。

一方、2点差となった知多。

しかし、伴野は先発の三科に笑いかけ・・・。

この試合は、知多のペースで進んでいると話しているのです!!

ブンゴBUNGO【257話】感想

精神的に成長し、深みの増した河村。アンダー日本代表に入って戦ったことも、影響しているのかもしれません。

ただ最も大きかったのは、やはり文吾に敗北したことのようですね。

この敗北が与えた影響は、河村だけでなく富士ケ丘シニア全体にあるような気がします。しかし、不気味なのは知多シニアの伴野。

知多は伴野以外が注目されていませんが、個々の能力は高いようです。西浦を打ち砕き、皆浦と碓井の好打撃をシャットアウトする守備。

伴野には、さらなる秘策があるのかもしれません。

ブンゴBUNGO【258話】考察予想

2点をリードされているにも関わらず、自分たちのペースだと話す伴野。その意味とは・・・・!?

ここまで、河村に2本のホームランを浴びている三科。しかし、3打席目を抑える秘策があるのかもしれません。

4打席目は他の投手を投入するか、敬遠でしのぐ・・・。そして、伴野が1発で逆転を決める構想が知多にはある気がします。

知多にとって不都合なのは、追い込まれた富士ケ丘が碓井をマウンドに送ること。後半までリードさせれば、伴野が有利な状況で打席に入ることができますね!

敬遠をさせないという、狙いもあるのかもしれません。

BUNGO-ブンゴ-【258話】へ

まとめ

この記事では、BUNGO-ブンゴ-【257話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

「BUNGO-ブンゴ-」を1冊無料で読む