週刊少年ジャンプ

僕とロボコ【13話】最新話ネタバレ感想|秘密とロボコ

こんにちは。2020年10月12日発売の週刊少年ジャンプより、僕とロボコ【13話】「秘密とロボコ」を読みました。

12話では、いつもガチゴリラとボンドと馬鹿なことをして楽しんでいるモツオですが、本当はとても忙しい少年でした。

モツオの忙しい生活にメイコもとても心配しています。人工衛星の理論軌道の方程式を自力で説いたモツオは天才であり、努力家だったのです。

それでは、この記事では、僕とロボコ【13話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

僕とロボコ【13話】最新話ネタバレあらすじ

最近ロボコの様子が変です。今までは帰宅すると常に家にいたロボコが留守をするようになりました。

コソコソと外出する機会も増えました。

何よりロボコの顔が抜け作先生のように呆けているのです。

心配したボンドはロボコを尾行することにしました。ロボコはヒロアカの死柄木弔の物真似で子供たちに大人気です。

また不良たちにアネキと慕われていました。不良たちはゴミ掃除をしたり、労働したり、ロボコのおかげで更生してます。

ロボコは不良たちにまったく興味がありませんでした。

突然、カニオが現れますが次のページで瞬殺してました。

おっちゃんやおばちゃんにも慕われるロボコ。そんなロボコを見て誇らしく思うボンド。

妙々寺というイケメンがロボコをナンパします。

さらにイケメン花沢様、西キャド様が口説き始めます。

バミューダ町イケメン金持ち小学生グループらしいです。

ボンドは良く分かっていませんが、周りの女の子たちはキャーキャー騒いでいます。

ラストの一人がロボコが困っているとフォローに入ります。モツオでした。モツオたちバミュ4がポーズをとります。

ロボコは心に決めたご主人様がいると断ります。ボンドは嬉しいけど、ロゴコの態度がイラつきます。

ロボコがアルバイトしていることが分かります。自転車屋で働いていました。

ボンドは自分がマウンテンバイクを欲しがったことを思い出します。

そして明日は自分の誕生日なのです。翌日、皆から誕生日を祝われます。

ガチゴリラからお酒を渡されます。飲めない嫌がらせかと思ったら、二十歳になったら一緒に飲もうぜってことでした。

ロボコからはめちゃくちゃカスタムされたツール・ド・ロボコ(自転車)でした。

あからさまにダサい自転車ですが満面の笑みでボンドは喜びます。

ツール・ド・ロボコはめちゃくちゃ速い自転車で警察に捕まったボンドでした。

僕とロボコ【13話】感想

この漫画の良心?であるガチゴリラですが、今回も良い仕事をしました。二十歳になったら飲もうということは、それまでずっと友だちだよってことですからね。

しかし、前回のモツオの話があっただけに、バミュ4のモツオは意外と暇なのかよとつっこみたくなりましたね。

きっと彼はまた裏で大変な思いをしながらやってきたのでしょう。

120キロもでるロボコ自転車はダサいけどちょっと欲しいと思ってしまいました。あと、母ちゃんがナチュラルに包丁装備してて怖いです。

僕とロボコ【14話】考察予想

端末漫画ですが、ガチゴリラ、モツオ(メイコ)、ロボコの掘り下げがなされていますので、次はまどかちゃんあたりの話が来るのではないかと予想します。

ガチゴリラのちょっといいところが見てみたいのが希望です。

世界が彼のような人物ばかりならきっと平和な世界になるでしょう。まわりが強烈なキャラが多くてボンドの個性が消えがちですが、頑張れボンド。

まとめ

この記事では、僕とロボコ【13話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!