ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない【178話】最新話ネタバレ確定&感想|真冬編①成幸が教師に!

こんにちは。2020年10月17日(土)発売の週刊少年ジャンプより、ぼくたちは勉強ができない【178話】「[x]=薄氷の女王編①」を読みました。

177話では、パラレルストーリー4/5あすみ編が完結しました。成幸の手術後から交際を始めた2人。

成幸が生きていて本当によかったと涙を流してくれるあすみに成幸はプロポーズし、2人は子供が生まれる未来を想像して幸せに成りました。

それでは、この記事では、ぼくたちは勉強ができない【178話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「ぼくたちは勉強ができない」のアニメや漫画を1冊無料で読む

ぼくたちは勉強ができない【178話】最新話ネタバレあらすじ

これは後夜祭で真冬と成幸の手が触れていたという物語です。

無事に教師となった成幸は、母校の一ノ瀬学園の新任教師になりました。

真冬が教育係についてくれるため、一生懸命頑張る成幸ですがまだまだ注意されることばかり。

改めて真冬のすごさを実感した成幸は真冬に認められたいと向上心を燃やすも、

家では成長した兄弟たちがだんだんうるさくなってきて集中出来ないため、1人暮らしを検討し始めます。

たまたま会った天田が経営しているマンションを格安で貸してくれると言うため、成幸はすぐに引っ越すことになりました。

新生活スタートだ!と喜ぶ成幸がカーテンを開けるとそこにはお尻・・・。

なんと窓が近すぎる隣のマンションには真冬が引っ越して来ており、ちょうど着替え中だったのです。

近いことには驚きましたが、カーテンを閉めていればなんの問題も無いとこの問題は終了。

近くに上司がいることは、新米の自分には好都合だと成幸が開き直った時、窓をたたく音が聞こえます。

成幸が窓を開けると真冬が成幸お部屋に飛び込んできました。ゴキブリが出たと泣いています。

少しエッチな格好の真冬を想像していた成幸は、真冬が相変わらずジャージ姿なことにがっかりしながらも真冬の部屋に移動。

そこには以前よりもひどくなったゴミ部屋が広がっていました。成幸は呆然としながらも一緒に片づけをしてくれることになりました。

学校では生徒の憧れの存在の桐須先生なので、昨日の出来事は2人の秘密です。

ぼくたちは勉強ができない【178話】感想

真冬編スタート。教師×学生の禁断の恋を期待していましたが、教師×教師でした。

残念!そこは悔やんでも仕方ないとして、状況はあすみ編と似ています。

あすみ編も2人が既に社会人であり隣の部屋に住んでいたら壁に穴が開いていて繋がってたという展開でした。

部屋がつながっていると何かと都合がいいです。

この2人も窓から部屋を行き来するのかな?と想像するとドキドキしますが近いと言っても高さがあるため少し心配になります。

ぼくたちは勉強ができない【179話】考察予想

次回は先生に生徒がマル秘相談、真冬の驚きの解決法は!?と見出しがあるため真冬に相談が持ち込まれるのだと思いますが、真冬は大した解決法を提案出来ないような気がします。

恋愛だと分からない、片づけなども出来ない、出来る風の真冬は勉強ができてもプライベートな相談は困ると思うため、

生徒からの相談をそのまま成幸に相談して、成幸の答えをそのまま生徒に伝えるのではないでしょうか?近い窓が早速役に立ちそうです。

ぼくたちは勉強ができない【179話】へ

まとめ

この記事では、ぼくたちは勉強ができない【178話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

ぼくたちは勉強ができない2021年3月4日にぼくたちは勉強ができない【最終刊21巻】が発売されました。21巻をいますぐ無料で読むならU-NEXTがオススメです。無料トライアル