ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない【168話】最新話ネタバレ確定&感想|文乃シリーズ最終話!

こんにちは。2020年8月3日発売の週刊少年ジャンプより、ぼくたちは勉強ができない【168話】「[x]=文学の森の眠り姫編⑨」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

167話では、理珠に言われた言葉で自分も戦っていいことを知った文乃はすぐに走り出し、うるかに心から応援できなかったことを謝罪してから成幸のもとに向かいました。

いつのまにか成幸のことを大好きになっていたと泣きながら告白する文乃に、成幸も気持ちを伝えて2人は無事結ばれました。

ぼくたちは勉強ができない【168話】最新話ネタバレあらすじ

4ヶ月後。文乃が以前、成幸と恋仲になることは絶対にないと言っていた文乃が結局成幸と付き合ったことに怒りを露にしている水希がいました。

成幸の家の台所で水希と一緒に料理をしている文乃は全力で謝りますが、水希は本気で言ってはいません。

もう2人が付き合ってから数ヶ月たったことに加えて「兄弟」の絆の方が強いと信じているからです。

この日文乃が成幸の家に来ているのが、今日が付き合ってから初めてするまともなデートだからです。

2人とも思い切りいちゃつく心構えでいますが、お互いにその気持ちがばれてはいけないと悶絶しています。

2人がやって来たのはレジャープール。

かわいい水着を買って気合いを入れた文乃が成幸を待っていると、何故か既に成幸は溺れています。

文乃は成幸が泳げないのにプールに誘ったことを謝りますが、成幸は文乃に誘ってもらえたことが嬉しかったのです。

文乃もかわいい水着を用意して頑張ったと伝えようとした時、たまたまうるかと理珠もプールに来ておりばったり。

2人はもじもじしている文乃をからかい、頑張らないと成幸を奪うと豊満な胸を見せつけました。

文乃は頑張ることにしますが、さすがに水着のことは言えなくなりました。

2人はお昼にすることにします。

最近水希に料理を習っている文乃のお弁当は絶品。ここで文乃は勇気を出し、成幸にあーんしようとしますが今度は真冬とあすみが登場。

ナンパされていた2人は成幸のツレのふりをしてナンパを撃退。

しかし、文乃は成幸にベタベタする2人を見て不機嫌になってしまいました。

その後もいく先々で知り合いに遭遇し、成幸と文乃は落ち込んでしまいます。

縁日をしていたので見て回ろうとしたとき、文乃が少しはぐれてしまいました。成幸は文乃手を掴み、はぐれないように繋いでいようと言いました。

一通り回った後、2人はかき氷を食べながら休憩します。

文乃の顔にかき氷がついたため、取ろうとする成幸はそのままの流れで顔を近づけます。

また邪魔が入りそうになりましたが、成幸はそのまま文乃にキスをしました。

ファーストキスはレモンの味だと言う文乃に、成幸はかき氷シロップの味は実はどれも同じとデリカシーのない発言をして怒られます。

その後、成幸は「文乃」と初めて名前を呼び、愛していると伝えました。

文乃も愛していると伝え、成幸と付き合うことが出来た奇跡に愛しさを感じていました。

Route:3/5 [x]=文学の森の眠り姫編 完

ぼくたちは勉強ができない【168話】感想

[x]=文学の森の眠り姫編完結しました。文乃はたくさん我慢して我慢してようやく成幸を手に入れたので、付き合えた時の嬉しい気持ちをずっと忘れないでいて欲しいです。

文乃回は今までで1番キスシーンがロマンティックだと感じました。

キスの後の文乃の反応も初々しく、とてもドキドキしたのに成幸のコメントで台無しになったのは笑いました。

それでも、その後愛を確かめ合い、また2人流れ星の前でキスをしている姿は幸せそのものだと思いました。

ぼくたちは勉強ができない【169話】考察予想

次回から始まるのはあすみ編です。残るはあすみ編と真冬編なので終わりが近づいてきます。

残る2人に関しては同級生とはかなり話が変わってきます。あすみは成幸をおちょくる先輩ですが、余裕のように見えて実は本気で気持ちを伝えられないだけのようにも思えます。

同級生ではないのに成幸と仲良くできる特別感。

対して同級生ほどに近づくことが出来ないもどかしさ。あすみの気持ちは伝わりにくいと思うので、どんな風に伝わるのかが楽しみです。

➡ぼくたちは勉強ができない【169話】へ

まとめ

2020年8月3日発売の週刊少年ジャンプより、ぼくたちは勉強ができない【168話】「[x]=文学の森の眠り姫編⑨」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ぼくたちは勉強ができない2021年3月4日にぼくたちは勉強ができない【最終刊21巻】が発売されました。21巻をいますぐ無料で読むならU-NEXTがオススメです。無料トライアル