ぼくらの血盟

ぼくらの血盟【17話】ネタバレ考察|廻峯は獣化し吸血獣へ

こんにちは。ひらりです。

2021年1月18日発売の週刊少年ジャンプより、ぼくらの血盟【17話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

16話では、シンとコウを助けてくれたのは、2人の母親の兄、藍月でした。光狼は王に次ぐ強さと噂される藍月と戦うことを選ばずそのまま撤退。

藍月はシンとコウ、更には廻峯と灰賀も屋敷に連れ帰りました。そして反抗的な態度をとる廻峯に、獣化することの恐ろしさを思い知らせます。

ぼくらの血盟【17話】ネタバレ「廻峯は獣化し吸血獣へ?!」

藍月からお仕置きとして穴に落とされてしまった廻峯。穴の中から廻峯を助けられるのは藍月だけのようです。

このまま空腹に耐えられないほどまで放置されれば、廻峯は獣化し吸血獣へと変わってしまいます。

1度変わってしまえばもう元の吸血鬼に戻ることは出来ません。

灰賀は怒って藍月に敵わないことを知っているため、泣いて頼み込むことでしょう。

しかし藍月は受け入れてくれず、ただ廻峯が獣化する時を待つことになるのかもしれません。

ぼくらの血盟【17話】ネタバレ「シンからも頼んでみる」

人間と共存したいと思っているシンにとって、廻峯は許し難い存在です。

しかし、シンはここで怒りをぶつけることは、憎しみ合う結果になると分かっているため廻峯を助けたいと願うはずです。

獣化することがどんなことか知っているシンは、藍月に頼んでみるも藍月はシンの願いも聞き入れてはくれません。

何故なら実際に廻峯のせいで獣化しかけた少女キリがいるからです。反省もしていないような廻峯には同じ苦しみを与えることも必要なのかもしれません。

ぼくらの血盟【17話】ネタバレ「コウも何かを言う?」

シンはどんな人でも守りたいと思ってしまう人です。裏切られたとしても泉生に一切怒らなかったのも本当に優しいからです。

しかしまだ子供のコウはそんなに広い心で物事を見ることが出来ません。廻峯はシンを傷つけ自分にも攻撃をしてきました。

更にキリを獣化させ、キリに友達を殺したという業を背負わせました。

どれだけ頑張っても許せる相手ではないでしょう。

コウが力をすべて使えば廻峯を助け出せるのかもしれませんが、コウはシンと灰賀が訴えていても何も言わないでしょう。

まとめ

この記事では、ぼくらの血盟【17話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

2021年3月4日にぼくらの血盟【2巻】が発売されました。2巻を無料で読むならU-NEXTがおすすめです!無料トライアル