ぼくらの血盟

ぼくらの血盟【16話】ネタバレ考察|突然の登場!男の正体!

こんにちは。ひらりです。

2021年1月4日発売の週刊少年ジャンプより、ぼくらの血盟【16話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定はこちら

15話では、もう2度と悲しい思いをしたくないという理由で行動することがどうして駄目なのかと聞く廻峯に、シンは他の人が同じ悲しみを味わってしまうからだと答えました。

廻峯の心に響いたかもしれない、その時抑止力の登場で廻峯、灰賀は倒れてしまいます。シンとコウも怪しまれ、連れて行かれそうになった時、1人の男がそれを止めに来ました。

ぼくらの血盟【16話】最新話ネタバレ「突然の登場、男の正体!」

「ウチの子」と言ってシンとコウが抑止力に連れていかれる阻止しようとする男が登場。男の声が聞こえた時、シンは顔を見ていないのに知っている風な反応をしていました。

知り合いである可能性が高いです。とはいえシンとコウの両親は既に殺されています。

今現在シンとコウの味方をしてくれそうなのは、アリス、そして血液を配達している先の吸血鬼たちです。

しかし男が執事のような服装をしていることを考えると、シンとコウが幼い時に世話をしてくれていた吸血鬼なのかもしれません。

ぼくらの血盟【16話】最新話ネタバレ「初めまして」

今回の事件をどこから見ていたのかは分かりませんが、抑止力「光狼」から今回来たメンバーは自分たちが下っ端であることを語ってはいません。

それどころか隊長と呼ばれている人物がいるため、下っ端なのかも不明です。しかし最後に現れた男は、「下っ端」と呼び挨拶をしました。

つまり「光狼」と言う組織を既に知っていたのだと思われます。

そうなれば同じような抑止力の人間か吸血鬼ということになり、やはりシンと関りがあった人物である可能性が高くなります。

ぼくらの血盟【16話】最新話ネタバレ「シンたちは見逃される」

初めましてという言葉から男と光狼の5人のメンバーが会うのは初めてだと判断できます。

誰だか分からない相手の言うことなど聞くはずはありませんが、隊長だけはこの男のことを知っているかもしれません。

本当に下っ端であるとすれば、戦っても勝てない可能性があり、そうなればシンとコウを諦めて、廻峯、灰賀だけを連れて蛙と思います。

何とかシンとコウは助かることになりますが、これから目を着けられることは間違いないでしょう。

まとめ

この記事では、ぼくらの血盟【16話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。