ぼくらの血盟

ぼくらの血盟【13話】最新話ネタバレ確定&感想!人間に滅ぼされた貴族

こんにちは。ひらりです。2020年12月7日発売の週刊少年ジャンプより、ぼくらの血盟【13話】「力」を読みました。

12話では、シンとコウに負けた灰賀が、王の子供であるコウの本来の強さについて話している時、灰賀の仲間廻峯が現れました。

廻峯がキリを陥れた犯人であることを知ったコウは大量の血の力を使うも、廻峯も同じ力を使ってきます。

それでは、この記事では、ぼくらの血盟【13話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ぼくらの血盟【13話】最新話ネタバレあらすじ

廻峯の本名は朱月廻峯。緋月と同じ「七王月」の1つである「朱月家」の末弟、つまり貴族です。

頂点の緋月が倒された後、七王月は身を潜めたとシンは聞いていました。

更に人間に友好的な朱月家は、跡取りを残さなかったと聞いていたシンは、廻峯が本当に朱月の人間なのかが気になります。

先代の王は何も教えなかったのか、という廻峯はさっそく血の武器で攻撃してきます。

シンガ狙われたため武器を使い止めに行くコウですが、止めることだけでぎりぎりの状態です。そして簡単に跳ね返されてしまいました。

シンもコウを心配した瞬間に、廻峯がシンの横腹を貫きました。コウはその時体の力が入らず動くことが出来ずにいました。

廻峯は、朱月家が人間に滅ぼされたのだと言い、シンが人間だから先代の王は話さなかったのだろうと推測します。

人間を守ろうとしているシンたちを見ると不快な気持ちになる廻峯は、シンに顔を近づけると首筋に噛みつきました。

そしてゴクゴクと力強く血を吸っていきます。

大量に血を吸われたシンはその場に倒れ、逆においしい血だったと廻峯は喜んでいます。その時、シンの首の傷から血の大鎌が現れます。

気づいていない廻峯に灰賀は叫びます。灰賀のおかげで何とか攻撃を止めることが出来た廻峯の横をコウが歩いて行きます。

シンの血を飲むことも、シンに触れることも自分だけが許されていることであり、廻峯は許されないことをしたというコウは、シンを抱き上げると罰を下すと言いました。

2人の周りを血の渦が包みます。コウは他者の血を操る力を持っているのです。

コウはシンの許可を貰い首筋に噛みつくと、血を吸い王の姿になりました。

コウがこの力を持っていることを知らなかった廻峯は、今ここでコウを連れて帰ることを決めました。

ぼくらの血盟【13話】感想

灰賀はまだ分かりませんが、廻峯は貴族であることが分かりました。人間に滅ぼされた貴族と言いますが、その中で廻峯はどうして生き延びているのでしょうか。

吸血鬼の歴史というものをもっと詳しく知りたくなりました。

灰賀に比べて自由人で好き勝手にしている廻峯は、また自分の意志で目的を変えようとしています。

その自由さが悲劇を招くことになりそうです。上にボスのようなものがいるようなので、そちらにも罰を受けそうです。

ぼくらの血盟【14話】考察予想

王の血を引き血の武器を使えるだけでも厄介な廻峯は今、シンの血を大量に取り込んでいます。

かなりいいコンディションだと思うので苦戦するかもしれませんが、コウもまたシンの血を飲み完全な姿に変わっています。

ただの怒りではなく王としての風格を現していることから、コウを連れて帰ろうと甘く考えている廻峯を瞬殺するのではないでしょうか。

罰を下す、と言いましたが自分でも加減が聞かないほど廻峯を切り刻むのかもしれません。

ぼくらの血盟【14話】へ

まとめ

この記事では、ぼくらの血盟【13話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!