僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア【311話】最新話ネタバレ確定&感想|個性受け入れの条件!死柄木に辿り着ける?

こんにちは。ひらりです。

2021年5月10日発売の週刊少年ジャンプより、僕のヒーローアカデミア【311話】「来た!!」を読みました。

まず310話では、

荒廃していく街で市民を救っている出久ですが、ヴィラン連合の足取りは全く掴めません。  

不安な市民たちが武器を持ち、どんどん状況が悪くなっていくことを止めるため、出久は歴代継承者たちの力を借りてワン・フォー・オールの強化に努めます。

それでは、この記事では、僕のヒーローアカデミア【311話】の展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

U-NEXT
初回限定31日間無料!入手困難な作品もU-NEXTなら取り扱い作品数№1

漫画ランキングこちら

今話題のアニメこちら

無料期間中に解約しても違約金はかかりません。安心・安全なサイトです!

▼登録は3分程でできます!いますぐチェック▼

僕のヒーローアカデミア【311話】最新話ネタバレ確定「ヴィラン連合の現在」

オール・フォー・ワンの肉体の解放、そして刑務所からヴィランを脱獄させてから身を潜めているヴィラン連合の話は描かれていません。

310話にて手がかりが掴めていないと出久が話していたからこそ、今ヴィラン連合が何をしているかが描かれるのではないでしょうか。

死柄木についていただけでオール・フォー・ワンの下にはつかないと言っていたスピナーや、他の者たちは今何をしているのでしょうか。

1つの勢力としてまとまっているのかが気になります。

僕のヒーローアカデミア【311話】最新話ネタバレ確定「歴代継承者の個性」

マスキュラーとの戦いで煙や危機感知の個性を使っていた出久ですが、あの時は個性として使うことが上手く行かず、道具として利用していました。

これからスピードを上げてちゃんと個性として使えるようにならなくてはなりません。

上達には勿論実戦での使用が一番です。

しかし歴代継承者の声がごちゃごちゃとたくさん聞こえていたら戦いづらいので、それぞれの戦いで新しく試していく個性は1ずつになるでしょう。

黒鞭と浮遊はそこそこ、煙と危機感知は始めたばかりの出久は次にどの個性を試すのでしょうか。

僕のヒーローアカデミア【311話】最新話ネタバレ確定「雄英高校の様子」

出久が出てしまった以上あまり描かれなくなった雄英高校の様子ですが、勿論A組の皆は出久のことが気になっています。

同時にオールマイトもいなくなってしまいました。

ワン・フォー・オールのことは誰までが知っているのかは分かりません。

それでも知っている者も生徒には話さないでしょう。となれば詳細を知っている生徒は爆豪のみ。

出久のことが心配な爆豪は、出久が雄英から消えたことで個人的に動き出久を探すでしょう。

出久は爆豪が自分を庇って刺されたことをとても気にしているため、爆豪には会いたくないと思っていそうです。

僕のヒーローアカデミア【311話】最新話ネタバレ確定「来た!!」

エンデヴァーはとあるお店での事案に対応中。

犯人はエンデヴァーに攻撃してしますが、エンデヴァーは柱の裏からタイミングを見ます。

そして、飛び出すと銃を乱射していた男を制圧することが出来ました。

男はダツゴクでしたが、ヴィラン連合にはつながっていません。

ホークス、ベストジーニストとその話を進めていた時、エンデヴァーの元に鉄パイプが飛んできます。

市民たちが治安を悪くしたヒーローたちを恨み、怒りをぶつけて来たのです。

ホークスは早々に立ち去ろうとします。その時市民は、死柄木たちは“誰か”を狙っていたのだろうと叫びます。

エンデヴァーたちはまだ市民に何かを隠している、荼毘の件もありエンデヴァーなど見たくない。

市民たちはエンデヴァーにごみを投げつけ、文句を言いますが、エンデヴァーは何も言わずにその場を立ち去りました。

エンデヴァーたちは車内で、出久との距離感について話していました。

もしも出久と連携していることがマスコミにばれてしまえば、出久までマスコミや市民の標的になってしまうのです。

エンデヴァーは連携をずらすことを決めます。

出久の案でオール・フォー・ワンをおびき出す作戦を実行していますが、どれだけ経っても尻尾は掴めません。

エンデヴァーたちは、街で暴れるダツゴクたちが、オール・フォー・ワンの指示を受けていると考え始めました。

オール・フォー・ワンは社会の攪乱を脱獄に頼むことで潜伏と回復を優先しているのです。

死柄木の身体が完全でないことから、オール・フォー・ワンは完全になることを待ち、死柄木の身体を乗っ取るつもりだと考えられます。

死柄木の身体が完全になれば、その時こそワン・フォー・オールを奪えるようになるのです。

ここでホークスは抱いていた疑問を口にします。

出久とオールマイトが話していた、個性受け入れの条件に強い肉体と憎しみが必要だと言うことが分からないのです。

憎しみであればオール・フォー・ワンが既に持っているはず、それなのになぜだと話していた時、

ホークスはオール・フォー・ワン本人に憎しみの感情がない可能性を考えました。

奴はずっと笑っているのです。

どれだけ話しても答えが出ないでいた頃、出久は襲撃を受けGPSのついた携帯を壊されていました。

体を銃に出来る個性のヴィランが、他の誰でもない出久を狙ってきたのです。女のヴィランは出久を連れて行こうとしています。

僕のヒーローアカデミア【311話】感想

まだまだ街の中でオール・フォー・ワンに繋がるヴィランを探す出久たちですが、今回のラストでようやく結果が出始めました。

出久を直接見つけて来たと言うことは、今回のヴィランはワン・フォー・オールを持つ出久の場所を死柄木から聞いているのでしょう。

この女が裏切れば死柄木に辿り着けるかもしれません。

しかし、直接繋がっているとすれば実力は折り紙つきのはずです。

未だ個性を完全に使えているのか不明な出久は苦戦するのでしょうか。

▶僕のヒーローアカデミア【312話】へ

まとめ

この記事では、僕のヒーローアカデミア【311話】の展開予想とネタバレ確定&感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。