ぼくたちは勉強ができない

ぼくたちは勉強ができない【最終回187話】最新話ネタバレ考察!彼らの未来は!

こんにちは。ひらりです。

2020年12月21日発売の週刊少年ジャンプより、ぼくたちは勉強ができない【最終回187話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

186話では、パラレルストーリー5/5である真冬編「[x]=薄氷の女王編」が完結しました。

結婚式の日までドタバタになってしまった2人ですが、親を含めたたくさんの人に祝福され幸せを掴むことが出来ました。成幸の父も、2人の幸せを喜んでくれています。

ぼくたちは勉強ができない【最終回187話】ネタバレ「彼らの未来は・・・」

成幸が5人のヒロインそれぞれと結ばれたパラレルストーリー。

最終回では、それぞれのパラレルストーリーで迎えたラストの後、どうなったかが描かれる可能性があります。

結婚式を行ったのは真冬のみだったため、他のヒロイン全員のウエディングドレス姿が描かれることになると思います。というよりも絶対描いてほしいです。

また、子供が出来る部分も描かれるかもしれません。誰と結ばれても幸せだった、そんなハッピーエンドを迎えるのでしょう。

ぼくたちは勉強ができない【最終回187話】ネタバレ「うるかだけの可能性も!?」

ぼくたちは勉強ができない本編は成幸がうるかと結ばれる話でした。

しかし、うるかと結ばれた後パラレルストーリーがあることが発表され、順番に描かれてきました。

最終回はパラレルストーリーをなしにして、本来結ばれる予定だったうるかだけにスポットライトを当てることも考えられます。

うるか編は海外から一旦帰国したうるかに成幸がプロポーズしたところまでで終わっていたため、結婚して子供が出来てその子供と勉強する場面まで描かれるのかもしれません。

ぼくたちは勉強ができない【最終回187話】ネタバレ「回想、総集編である可能性もある!?」

皆が大人になって幸せな未来を迎えた、という終わりであることは間違いないと思います。

しかし、これまでを振り返る可能性もあるのではないでしょうか。成幸がヒロインたちと出会い、一緒に勉強して恋愛についても成長していった1年間。

その1年間はとても濃いものでした。1話で振り返るには濃すぎる内容ですが、振り返るかもしれません。

そして最後、振り返っていたのはもう若いとは言えないほど年齢を重ねた成幸であるというオチで終わるのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、ぼくたちは勉強ができない【最終回187話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます!確定は発売後に追記します。

ぼくたちは勉強ができない2021年3月4日にぼくたちは勉強ができない【最終刊21巻】が発売されました。21巻をいますぐ無料で読むならU-NEXTがオススメです。無料トライアル