アフタヌーン

ブルーピリオド【10巻】最新話ネタバレあらすじ感想!無料で読む方法はコレ!

こんにちは、ひらりです。

2021年5月21日金曜日「ブルーピリオド」第10巻が発売されました。

9巻では、世田介に壁を作られていることに気づいている八虎でしたが、世田介に自信を無くして欲しくないと果敢に絡みに行きます。

才能があると言われると不機嫌になる世田介は、八虎が努力をしているのも才能だと言いますが、八虎にとって努力は才能とは違います。

努力とは一体・・・。努力をしてもだめだと感じたら落ち込むを繰り返して来た八虎は、絵を描くことが好きなのか分からなくなっています。

しかし落ちこむことにも疲れた八虎は、世田介に絵を描くのが好きかと突然質問しました。

それでは、この記事では、「ブルーピリオド」第10巻の内容と無料で読む方法をまとめました。

ブルーピリオド10巻を無料で読む

ブルーピリオド【10巻39話】最新話ネタバレあらすじ「踏まれたり蹴られたり」

八虎は世田介に絵を描くことが好きかと質問しました。

才能のある世田介にとって当然なことだと質問を後悔した八虎でしたが、世田介の答えはまさかのNO。

それどころか八虎は世田介を怒らせてしまいました。

近づいてくる1年最後の課題の自主制作は、過去一のスケールで制作しなければいけません。

自由に制作する作品の中で八虎は、自分が本当にしたいことを見つけるための作品作りに臨みます。しかしコンセプトもモチーフも定まらず、行き詰ってしまうのでした。

その頃、周りの人間は皆自分の表面しか見てくれないことに疲れていた世田介は、

小学校のウサギを見に通っていました。自分にはウサギがいる、絵がある、と世田介は小さな世界にこもります。

ブルーピリオド【10巻40話】最新話ネタバレあらすじ「気がついたら友達の地雷を踏んでいる俺のスキルが優秀すぎる」

コンセプトに勉強をすればするほど八虎は沼にはまっていきます。

しかし少しだけ分かったことを元に、八虎はレゴで渋谷2.0の制作を決めます。1か月で提出する作品概要は出来上がりました。

しかしまた絵を描くことが好きか嫌いかという答えが分からなくなってしまいました。

世田介はウサギを見に通っていた小学校で、小学生から餌をあげている時点でウサギは友達ではないと言われます。

自分の描いたウサギの絵と小学生の言葉からある気づきを得た世田介は、家で頭を抱えてしまいます。それでもそのことを元に作品概要を作り上げます。

世田介は絵が上手いと言うことだけを見られることに心が荒み始めています。

技術の話ばかりする八虎も同じ。しかしそう思っていた時、八虎は世田介の描いた兎が世田介に懐いていると言います。

世田介は伝わったことで初めて絵を描けて良かったと感じ泣いてしまいました。

慌てる八虎でしたが、世田介の姿を見て自分がどうして絵を描きたいと思ったのかを思い出しました。

ブルーピリオド【10巻41話】最新話ネタバレあらすじ「気がついたら俺の地雷を踏んでいる友達のスキルが優秀すぎる」

絵が他人に気持ちを伝え、嬉しかった気持ちを思い出した八虎。

八虎は絵を描くことが好きなのです。世田介はやはり絵を描くのは好きではないものの、八虎のおかげで自分が感じたものを大事にしていいことに気づけました。

世田介も他の人と同じであることにようやく気付くことが出来た八虎は、人とコミュニケーションが取れないと言っている世田介を冗談で渋谷オールに誘います。

その結果、本当に行くことになってしまいました。

進級制作のこともありますが、約束した以上八虎はやることを終わらせ世田介と遊びに行きます。
渋谷に来ただけでビビっている世田介ですが、まずは2人でデパートの美術コーナーを回ります。

世田介と絵を見に来たことで八虎は、絵を見る時に「好き嫌い」だけでなく「わかる」という感じ方があることに気づくことが出来ました。

色々な「ものさし」があり、そのものさしが視野を広げるのです。

その後渋谷オールを果たした時、八虎はどうして自分が渋谷を好きでいるのかに気づきます。そして進級制作を立体から絵画に変更してひたすら筆を動かしました。

ブルーピリオド【10巻42話】最新話ネタバレあらすじ「絵は嘘をつかない」

進級制作展が始まりました。公開講評では20人の先生たちが一切飾らぬ言葉でそれぞれの作品を評価していきます。

八虎はスポーツバーの絵を描いており、自分が絵を描く意味を見失っていたことがこの作品の制作に繋がったとプレゼンしていきます。

理由がなくても絵を描きたい、という気持ちが八虎に絵日記のような絵を描かせました。

八虎の作品は様々な評価を受け、八虎は自分に向き合い、その気持ちを評価されたことをとても嬉しく感じました。

世田介が描いた絵はうさぎです。

最近気づいた動物と人間の関係について、自分なりに考え描いたのです。

猫屋敷は個人的な体験だけを作品にすることはつまらないと吐き捨てますが、世田介はそれでも自分の作りたいものを作ることを譲りません。

世田介もまた、これから成長していくにおいての講評を受けました。

厳しい講評を受けた人もいましたが、無事に進級制作展が終了しました。

ブルーピリオド【10巻】感想

この巻で八虎と世田介の距離が少しだけ縮まりました。

それは八虎だけでなく他の人ともです。

友達がいなかった世田介も少しずつ変わっていくのかもしれません。

世田介が動物との間に感じている気持ちを八虎が絵を通して感じ取ってくれた時に、世田介は泣いてしまいました。

ずっと感情がなくひたすら絵を描いているような世田介も沢山のことに悩んでいたと分かった瞬間です。

人間らしい部分を知れてとてもいい巻になりました。

対して、先生に言われているからと言って動物とは主従関係があるから友達にはなれないと言っている小学生が怖すぎました。

今どきの小学生はこんな感じが当たり前なのでしょうか。

ブルーピリオド【11巻】考察予想

進級制作展も無事に終わったと言うことで、冬休み、そしてあっという間に春休みとなり2年生になります。

次の巻では2年生になるまでの期間の話が描かれることになります。

八虎は流石にお金が無くなって来たため、バイトをしようと考えます。たまたま電話をかけた絵画教室にいたのは佐伯先生。

八虎が絵を始めた時に何よりもお世話になった佐伯先生に八虎は再びお世話になるのでしょうか。

まだ絵を描くことを好きかもわからない八虎が何か気づきを貰えることは間違いありません。

2年生になる前に、八虎は何を掴むことが出来るのでしょうか。

ブルーピリオド【10巻】無料で読む方法

そんなブルーピリオド【10巻】をぜひ漫画で読みたいですよね?さらに無料で読めたら嬉しいですよね?

そこで【10巻】660円のブルーピリオドをどうにか無料で読むことができないか?と調べたのですが、残念ながら無料で読むことはできませんでした。

しかしなんと!とってもお得な!半額で読めるサービスを見つけることができました。電子書籍サイトのebookjapanです。

ebookjapan クーポン

660円の半額なので330円で読めてしまうというお得なサービスです。

ブルーピリオド 10巻 無料で読む方法

しかもこの半額クーポンは6回まで使えてしまうので過去作品や他の作品で利用するのもいいですよね!

登録はとっても簡単ですし、月額制ではないので特に登録を解除するということもありません。

(月額制ではないのでいつまでも継続してしまうという私のようなミスはないのが素晴らしい)←

とくにこのサイトの良いところは、無料で読めちゃう作品が2000冊もあるんです。これは登録しなくても読めますのでどんどん読まないと損しちゃうかもです。

無料部分も活用しながらお得に読んでくださいね!

まとめ

この記事では2021年5月21日金曜日発売の「ブルーピリオド」第10巻の内容と無料で読む方法についてまとめました。

無料で読める方法はありませんでしたが、お得に読める方法としebookjapanという電子書籍を利用して半額で読めてしまうという方法をご紹介しました。

ぜひお得に読んでみてくださいね!もしもお役に立てましたら嬉しいです。