ブルーロック

ブルーロック【95話】最新話ネタバレあらすじ感想|適性試験

漫画 ネタバレ 考察 感想

こんにちは。2020年8月5日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【95話】「適性試験」を読みました。

94話では、絵心からの招集を受け、部屋に集まる選手たち。ここで、3次選考を突破した35名が明らかになります。潔が一緒に戦った仲間の多くは姿を現しますが・・・國神だけは、落ちているのでした。

35名が集まると、衝撃的な発言をする絵心。3週間後・・・糸師冴率いるu20日本代表とゲームをし、勝てと言い始めたのです!!

ブルーロック【95話】最新話ネタバレあらすじ

糸師冴率いるU20日本代表vsブルーロック選抜。

このスペシャルマッチは、3週間後に行われます。

勝てばU20の座を奪うことができ、負ければブルーロックは解散・・・。

自分達の運命をかけた大勝負が、迫っていると告げられました。

ただ・・・問題が1つ・・・。

ブルーロックのメンバーは、全員FWしかいないのです。

絵心はこの中からMFもDF、もちろんGKも選出すると言い始めました。

文句を垂れる選手を見て、今後の方針を話す絵心。

まず、35名の中から6名の中心選手を選出すると言います。

3次選考までの中で、絵心が認めたトップ6。

まずNo,1は・・・糸師凜!!

文句のなしの評価で、最初に名前を呼ばれます。

No,2は・・・士道龍聖!!

この2人は、世界選抜から唯一点を取った選手でした。

No,3は鳥旅人となり、No,4は乙夜影汰。

No,5は雪宮剣優が呼ばれ、残るは1人となります。

どうしても呼ばれたい・・・。

そう考えるのは潔。

最後の1枠、No,6は・・・凪誠士郎!!これで6人が選出されました。

その後、選考内容が明かされます。

No,1・2をAチーム、No,3・4をBチーム、No,5・6えおCチームとし、残りの29名はそれぞれのチームに加わるのです。

2名+3名でチームを編成し、5vs5のマッチで適性を見る・・・。

トップ6の選手には何度かチャンスがありますが、残りの29名に与えられるチャンスは1回のみ!!

人数の関係上、唯一2回のチャンスを与えられるのはNo7の選手。

それは・・・蜂楽廻!!

トップ6との共存・超越を課題とし、最終選考が始まろうとしていました。

➡「週刊少年マガジン」を『試し読み』からチェック

ブルーロック【95話】感想

最終選考の内容は、前と同じく5vs5のミニゲームでした。形式が違うのは、トップ6に入った2名と組むと言うことです。

これは、必然的に2名を中心にゲームをする必要が出てきます。ただ、合わせるだけでも選ばれない・・・。

6名以外の29名には、難しい試験になりそうですね!

意外だったのは、No,6に凪が入ったこと。蜂楽以上に、凪が評価されていることに驚きました。

潔と別れてから、凪はせいちょうしたのかもしれませんね!

ブルーロック【96話】考察予想

次回、再び5vs5のミニゲームが始まります。問題は、潔が誰と組むのか・・・。

あまり強い選手と組めば見せ場がありませんし、弱い選手と組めば負けてしまい評価を落とす可能性もあります。

連携を考えると、凪や蜂楽がいる方が良いと思いますが・・・潔の選択が気になりますね。

馬狼や、かつてはNo,2・No,3の評価を受けていた蟻生や時光もいますし、メンバーは面白いことになりそうです。

トップ6に入った選手のうち、4名は正体不明の選手。それも、今後の展開を面白くしてくれそうです!

➡ブルーロック【96話】へ

まとめ

2020年8月5日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【95話】「適性試験」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「ブルーロック」の最新刊を無料で読む