ブルーロック

ブルーロック【89話】ネタバレ最新話あらすじ感想|悪魔

こんにちは。2020年6月24日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【89話】「悪魔」を読みました。

88話では、2人になり、下のステージに落ちた國神と玲王。そこで出会ったのは、底辺のプレーヤーであるイガグリです。

その相方は・・・凶暴な士道龍聖。龍聖に蹴られそうになるイガグリを守るため、國神は間に割って入るのでした。

それでは、この記事では、ブルーロック【89話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ブルーロック【89話】最新話ネタバレあらすじ

突然現れた國神に、勝負を挑む龍聖。

しかし、國神は挑発に乗りません。

暴力が嫌いな國神は、戦うならピッチ場だと話します。

そこで、龍聖は正式に試合をしようと言い始めるのでした。

その話に乗ったのは、後ろに控えていた玲王。

龍聖を脳筋バカと言い、力でねじ伏せて言うことを聞かせると話します。

その話に乗り気ではない國神ですが、玲王は相方がイガグリなら大丈夫と返しました。

もし龍聖が上手いのであれば、勝手引き抜くこともできると話す玲王。

話しを纏めた2人は、龍聖の挑戦を受けることにします。

5点先取の2VS2マッチ。

ここで負けたらリタイアの2人は、この試合に全てを賭けるつもりで挑むのでした。キックオフと同時に、ボールを持つ玲王に詰め寄る龍聖。

距離を詰められた玲王は、國神にパスをします。

その動作を見て、玲王のレベルを推し量った龍聖は・・・一瞬で國神に地近寄り、ボールを奪いました!!

こぼれ球を取ったイガグリは、そのままボールを押し上げます。

イガグリの前に玲王が立ちはだかり、それを見てしょぼいシザースを繰り出すイガグリ。

玲王がボールを奪おうとした瞬間・・・イガグリは、その場に倒れます。

判定はファール!!

わざと倒れたイガグリは、フリーキックを獲得したのです。

フリーキックを受け取り、さらに攻め上がる龍聖。

國神は龍聖をマークしますが、フィジカルでは互角!!?

龍聖は一度イガグリにボールを渡し。イガグリはすぐにセンタリングを上げました。

そのセンタリングに玲王が触れたことで、ボールはマイナス方向に飛んでいきます。

このセンタリングは打てない・・・。

國神がそう判断した瞬間・・・龍聖はオーバーヘッドでシュートを放ち、ゴールを決めるのでした。

➡「週刊少年マガジン」を『試し読み』からチェックする

ブルーロック【89話】感想

明らかに問題児の士道龍聖。しかし、サッカーの技術は一級品です。

自分にとってのサッカーはスポーツではなく生きること。生命活動だと話す龍聖。その実力は國神と同等のフィジカルい加え、アクロバティックなプレーを繰り出す身体能力を持ったプレーヤーです。

素行の悪さによって1番したのステージに残っていますが、実力はもっと上のレベルのようです。

そんな龍聖に先制点を取られた國神&玲王。ここで2人のどちらかが、脱落してしまうのでしょうか!?

ブルーロック【90話】考察予想

次回、國神と玲王の逆襲が始めると思います。2人は生き残ると思うので、イガグリがここで脱落するはずです。

ただ、この試合を國神と玲王が勝つかは分かりません。龍聖が1人で試合を進め、4点を獲得。

國神と玲王が覚醒し、1点を返したところで、龍聖が2人を認めるのではないでしょうか。

イガグリよりも2人と組みたいと考えた龍聖は、勝利を譲って國神、玲王とともに上を目指します。

そこで出会うのは、馬狼や凪、千切がいるチーム。そうなると予想します。

まとめ

2020年6月24日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【89話】「悪魔」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「ブルーロック」の最新刊を無料で読む