ブルーロック

ブルーロック【33話】最新話ネタバレあらすじ感想|34話を考察!

こんにちは。2019年4月3日発売の週刊少年マガジンに掲載されている「ブルーロック」の第33話を読みましたのでご紹介します。

32話では負けてしまうのではないかという状況から凪が覚醒しました。自ら動くことによってゴールを決め、サッカーの楽しさに気づいた凪。凪の活躍により、Vが4得点、Zが3得点となり一点差をつけられてしまったZチームは絶望していました。

ブルーロック【33話】最新話ネタバレあらすじは?

覚醒した凪を止めるため、守備的戦術に切り替えようという話の流れになってきたところに、「攻めろ攻めろ攻めろぉぉ!!!」と雷市は声を張り上げた。

雷市はやりたくもない守備をやってきた自分の努力を無駄にしたくない、「お前らストライカーだろぉ!!?」と訴える。

何をすれば勝てるのか最善手はなにかを考えながら走る潔は、「奪うならこの位置だ!!」と戦況を眼で読んでボールを奪った。

俊足が活かされたパスを受けた千切のゴールは阻まれますが、我牙丸がゴールを攻めます。またも阻まれたゴールですが、ボールは國神の蹴撃射程に入ります

國神の波状攻撃によりゴールを決めて、4-4の同点となったことをチームZは喜びます。潔は、予想通りと思い、なんで予想通りになったのか疑問に思い考え始めます。

潔は、自分の武器である空間認識能力の使い方に気がつきます。この眼とこの脳で俺は戦場の未来へ行けると確信し、この能力で俺のゴールを奪うと思ったのでした。

ブルーロック【33話】を読んだ感想

雷市の「お前らストライカーだろぉ!!?」という訴えは、かっこよくて熱くていいなと思いました。

守備的戦術のサッカーなんて見ていても面白くなさそうなので、攻めのサッカーが見られて良かったと思いました。予想通りというところまで辿り着いた潔は、無意識なまま予想通りになっていて、すごいなと思いました。

潔は自分の武器である空間認識能力の使い方に気づき、良かったなと思いました。潔は覚醒前夜と表記されており、もう覚醒したように見えていたので驚きました。

ブルーロック【34話】を考察

潔の今が覚醒前夜だとしたら、覚醒した潔はすごい脅威になると予想します。チームVがそのまま勝たせてくれるとは思えないため、凪が潔に負けないような力を発揮してくれることを期待します。

凪と潔のお互いが成長していくような熱いサッカー勝負が見られるといいなと思います。次話では覚醒した潔が楽しみです。

潔のゴールシーンを見れていないので、潔が空間認識能力の使い、ボールのこぼれるところまで走り込んで、逆転ゴールを決めてくれることを期待します

完全無料でコミックスやアニメが見られるのはU-NEXT!

▼無料で読むならU-NEXTがおすすめ▼

配信サービス 配信状況 無料期間と月額
U-NEXT

31日間無料
2,189円
600ポイント付与

月額料金 トライアル期間は無料、その後税込み2189円
無料期間 31日間 ➡解約方法はこちら
メリット 雑誌読み放題・映画やドラマも充実・スマホ対応

U-NEXT漫画ランキングこちら

無料トライアル中に解約しても違約金などは発生しません。

\登録は3分程でできます/

さらにさらに動画配信にとっても強いサービスなのでたくさんの見放題作品も豊富に揃っています。

U-NEXTの今話題のアニメこちら

見放題作品は210,000本!!新しい東京卍リベンジャーズや映画公開中のコナンも過去作を配信!見逃せないですね!

初回は31日無料とあれば、絶対損はないですよね

\登録は3分程でできます!いますぐチェック/

週刊少年マガジンやサンデー、チャンピオンヤングマガジンヤングジャンプなども初回のポイントで600円以内なので無料となります。