ブルーロック

ブルーロック【118話】最新話ネタバレ感想|同点に追いついたブルーロック

こんにちは。ひらりです。

2021年2月10日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【118話】「歪」を読みました。

117話では、先制ゴールを冴に決められるも、すぐさま反撃に出るブルーロックチーム。凛と潔を起点とし、即興で何度もチャンスを演出します。

こぼれ球を拾い、最後に全てを持っていたのは凪!!スーパートラップで2人を躱した凪は、ゴールネットびボールを突き刺しました!!

それでは、この記事では、ブルーロック【118話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ブルーロック【118話】最新話ネタバレあらすじ

凪のゴールで、1-1の同点に追いついたブルーロック。

実況席では、凪誠士郎の名前が話題となっています。

凪のゴールに衝撃を受け、異様な雰囲気に包まれているスタジアム・・・。

そんな中、サッカー協会の関係者は苛立ちを感じていました。

サッカー協会によって、批判の的となっていたブルーロックプロジェクト。

そのプロジェクトが成功していると、凪が印象付けたのです。

ピッチ上の選手たちも、自分たちの力は通用すると確信。喜びの声を上げるアンリですが、絵心は平然としていました。

あれぐらいはやると言い、全ての起点は凛だと語る絵心。

同時に、凛の覚醒には潔がいるという思いを確信に変えています。

目的を達成するとき、大事なのは・・・。

絵心はそう言い、成功者の考え方を語り始めました。

途中でアクシデントが起きても、成功者は朝鮮のやりかたを切り替える。

予想外の状況でも、勝利への思考を止めないと言うのです。

誰よりも勝利に向かったのは凜で、それに呼応したのは潔!!

そんな潔は、全ての起点が凛だと分かっていました。

凛の力があってこそのゴールだと、惜しかったと言葉をかける潔。

しかし、凛に満足感はありません。

欲しいのは、自分のゴールのみ・・・。

それは潔も同じで、さっきもゴール前でパスを要求していたのです。

ただ、凛はそれでいいと語りました。

誰かのためではなく、自分のエゴでプレーをする!

その歪な関係が、自分たちには健全だと語る凛。

そんな言葉を受け、潔は覚悟を決めます。

U20日本代表ボールでリスタートすると、ボールを持ったのは冴。

そこに迫っていくのは・・・凜です!!

既に前半30分が経過しても、全く会話のない兄弟。

兄に勝負を挑む凛は、あることを宣言しました。

この試合は冴のモノではなく・・・自分が兄を超えるゲームだ!!

宣言を終えると、冴にタックルを始める凛。

そこから、激しい1on1が始まります。

抜こうとする冴ですが、抜けず・・・。

ボールを奪おうとする凛ですが、奪えず・・・。

硬直状態が続いたことで、潔はカバーに入ろうとします。

しかし、凛はその動きを拒否しました。

外野は消えろと叫ぶ凜は、兄弟げんかの途中だと叫びます!!

ブルーロック【118話】感想

凪のゴールで同点に追いついたブルーロック。全ての起点になったのは、凛のプレーだったようですね。

そこまで目立ったプレーではなかった気がしますが・・・?やはり、ゴールを決めた人物に注目が集まるのは当然。

誰よりもエゴが強い凜は、自分のゴールでないと意味がないようです。

そのエゴをむき出しにし、今度は冴に挑み始めました。FWでありながら、冴からボールを奪おうと必死になる凛。

次回は、この兄弟対決に注目したいです!

ブルーロック【119話】考察予想

前半30分が経過。残り15分を切ったところで、糸師兄弟が初めて対峙しました。

次回は、この兄弟喧嘩から話が始まります。凛は冴への対抗心を燃やしているため、おそらく冴の方が実力は上・・・。

ただ、それはブルーロック以前の話です。今の凛の力が、どこまで冴に通用するのか・・・。

それが明らかになりそうですね!

気になるのは、冴がブルーロックの映像を見ているということ。その上で、士道が欲しいと要求しました。

凜では、役不足ということでしょうか・・・!?

ブルーロック【119話】へ

まとめ

この記事では、ブルーロック【118話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

「ブルーロック」を1冊無料で読む