ブルーロック

ブルーロック【113話】ネタバレ考察|先制攻撃!ブルーロックvsU20日本代表

こんにちは。ひらりです。

2021年1月6日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【113話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定はこちら

112話では、描かれるのは、試合前のロッカールーム。スタメン以外のベンチメンバーも発表され、選手イタチは準備を進めています。

彼らが廊下に出ると・・・待っていたのはU20日本代表。大観衆の中ピッチに立った潔が凜からパスを受け、ゲームがスタートしました!!

最新の「週刊少年マガジン」を1冊無料で読む

ブルーロック【113話】最新話ネタバレ「先制攻撃」

遂にキックオフした、ブルーロックvsU20日本代表のゲーム。

最初に攻めるのは、ブルーロックチームです。キックオフのホイッスルと同時に、凜からボールを受けたのは潔。

U20のエースである閃堂がつめてくるものの、簡単に抜いてしまうのではないでしょうか!?

大観衆に見られるプレッシャーを受けながらも、相手が弱く見える・・・。

それ程、潔は成長を感じると思います。

自信を深め、凜と共に攻め上がる潔。いきなりチャンスを作り出すと予想しました。

ブルーロック【113話】最新話ネタバレ「鉄壁」

勢いよく攻め上がるブルーロックチーム。日本代表のFWやMFをうまく躱して行きます。

そんな中、中盤に位置する冴は守備には無関心・・・。むしろ、大口を叩いた守備陣を試そうとしていました。

U20日本代表の前線を苦も無く突破する潔たちですが、問題はその守備陣です。守り重視のU20日本代表の中心人物である愛空。

その愛空が、潔と凜の攻撃を止めて見せると予想しました。

チャンスを作ったブルーロックチームは、一転してピンチに・・・。冴がボールを受け、U20日本代表のカウンターが始まるシーンで幕を閉じると思います。

ブルーロック【113話】最新話ネタバレ「エゴvsエゴ」

潔にボールを預けたものの、すぐに返させる凜。凜はこれまで、兄である冴へのライバル心を剥き出しにしてきました。

2人の間に何があったのかは分かりません。

ただ、恨みに近い感情を持っていることは確か・・・。

そこで、凜は冴に挑むと予想します。チームより、自分のエゴを優先する凜。

最初のワンプレーで、決着をつけようとしていました。そんな凜の勝負を、受けて立つ冴。2人のエゴがぶつかり合うと思います。

結果は・・・冴の圧勝に終わるのではないでしょうか!?

まとめ

この記事では、ブルーロック【113話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます!

「ブルーロック」を1冊無料で読む