ブルーロック

ブルーロック【112話】最新話ネタバレ確定|キックオフ!それぞれの思惑…

こんにちは。ひらりです。

2020年12月23日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【112話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(112話の確定はこちら

111話では、勝利の鍵となる精神状態、〝FLOW〟の説明をする絵心。話を聞いた選手たちは、既にFLOWの入り口まで辿り着いています。

一方、未だに揉めているのはU20日本代表。問題児の士道と、チームのエースである閃堂が決裂したまま・・・。

そんな問題を解決しようと、愛空は冴にある条件を持ち掛けるのでした。

『ブルーロック』の漫画を1冊無料で読む

ブルーロック【112話】最新話ネタバレ「キックオフ!!」

前回は、試合当日まで残り1日の場面で終わりました。つまり、次回は冒頭から試合に入ると予想します。

試合当日迎え、描かれるのは準備をする選手たち。

そして遂に・・・両チームがピッチに入ります。兄である冴を見て、絶対に勝つと意気込む凜。

他の選手たちも、それぞれの覚悟を持ってピッチ上に・・・。そんな仲間を見ながら、潔も気合を入れることになるでしょう!

先に攻めるのは、おそらくブルーロックチーム。

凜と潔がセンターサークルに入り、キックオフしたところで112話が終わると予想し舞う。

ブルーロック【112話】最新話ネタバレ「ロッカールーム」

試合当日となり、描かれるのは両チームのロッカールーム。その対照的な姿が描かれるのではないでしょうか!?

ここで出てくるのは、絵心は話したFLOWに入る精神状態です。

敵が弱すぎるても、強すぎても起きないFLOW状態。

適度な挑戦が、最高の精神状態を生むのです。そう考えると、U20日本代表はブルーロックを下に見ているはず!!

一方にブルーロックチームは、絵心の言葉により、程よい精神状態にあると思います。

対照的な、チームの雰囲気が描かれると予想しました。

ブルーロック【112話】最新話ネタバレ「それぞれの思惑…」

試合当日となり、描かれるのはそれぞれの思惑・・・。ここで登場するのは、大人の事情です。

U20日本代表との試合は、絵心がブルーロックの意義を示すために組んだもの。

一方のサッカー協会は、ブルーロックプロジェクトを敵視しています。

U20日本代表が快勝し、プロジェクトを潰してやろうと考えているサッカー協会の大人たち。

純粋に日本のサッカー界を変えようとする絵心やブルーロックの選手とは別に、サッカー協会の醜悪な大人の事情が描かれると予想します。

まとめ

この記事では、ブルーロック【112話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(112話の確定はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます!