ブルーロック

ブルーロック【109話】最新話ネタバレあらすじ感想!戦闘集団

こんにちは。2020年11月25日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【109話】『戦闘集団』を読みました。

108話では、遂に訪れたブルーロック選抜発表の時間。選手たちは一カ所に集まりますが、士道だけは姿を見せません。

1人かけたまま、11人のスタメンの発表が始まりました。中心となる凜が呼ばれ、GKから呼ばれていく名前・・・。最後の1人には・・・潔が入ったのです!!

それでは、この記事では、ブルーロック【109話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ブルーロック【109話】最新話ネタバレあらすじ

11人目に名前を呼ばれた潔。

スタメンに入ったことで、拳を握りしめます。

そんな潔を見て、馬狼は怒りの表情を浮かべていました。

各々違った反応を見せる中、手を上げたのは11人に選抜された雪宮。

士道がメンバーに入っていないことを尋ねたのです。

凜が獲得ゴールNo,1だとしても、No2は士道・・・。

雪宮の言葉を聞き、絵心は説明を始めました。

全体で、2位のゴール率を誇った士道。

しかし、凜との共存はできていません。

それどころか、全てが個人技なのです。

周囲を使い、自分のエゴを貫く凜に対し・・・士道は、完全なエゴの塊でした。

凜と同じピッチに、士道を立たせるわけにはいかないという結論が出たのです。

しかし、それは士道と共存できる選手が、ブルーロックにはいなかったということでもある・・・。

そういった評価を付け加える絵心。

絵心と同じく士道を評価する雪宮は、それでも士道を使わないのはもったいないと話します。

当然そうだと話す絵心は、凜に代わるジョーカーだと士道のことを話しました。

そう、思っていたと・・・。

メンバー決定後、日本サッカー協会の会長から電話をもらったと話す絵心。

そこで、糸師冴からの要望を聞いたのです。

ブルーロックの映像を見て、冴はある選手をU20日本代表に加えたいと話しました。

3時間前・・・。

拘束されている士道の前に、冴が姿を現します。

俺のために暴れろと、士道を勧誘した冴。

彼はここにいるメンバーではなく、士道を選んだのです。

その事実に、怒りを感じるのは弟である凜。

次の試合は、凜を選んだブルーロック選抜と、士道を選んだU20日本代表との戦いになりました!!

試合は15日後。

絵心は、メンバーに入れる残りの12名をこれから決めると話します。

さらに、その期間でブルーロックというチームを戦闘集団にする・・・。

ただ、凜はその際でさえ世界一への通過点だと話します。

凜や絵心の姿勢に、感化される選手たち。

潔も世界に挑戦すると誓い、顔を上げるのでした。

ブルーロック【109話】感想

糸師冴が選んだ選手は、士道でした。確かに、凜と違って士道はパスを出したシーンがありません。

ドリブル突破もしているイメージはありませんが、とにかく点を取るという執念は凜を凌駕するモノがありましたね。

そんな士道の評価をする絵心は、彼を使いこなせる人間がブルーロックにはいなかったと断言しています。

一方、自分ならその能力を生かせると感じたのは冴。

冴の場合は、やっと自分のレベルに合う日本人選手会ったという感覚なのかもしれません。

ブルーロック【110話】考察予想

次回から、U20とのし合いに向けたトレーニングが始まります。

残りの12人には、強力なメンバーが入ることになるでしょう!!その中でも気になるのは、既に脱落している國神の存在・・・。

彼は、敗者復活ステージのような先に進んだシーンがありました。序盤から出ている國神は、必ず再登場すると思います。

もしかすると別ルートで復活し、ブルーロック選抜に名を連ねるかもしれませんね!

ただ、話しの中心は潔と凜のコンビネーション。

ここに、課題と成長の余白があると思います。

ブルーロック【110話】へ

まとめ

この記事では、ブルーロック【109話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます!