ブルーロック

ブルーロック【106話】最新話ネタバレあらすじ感想|カメレオン

こんにちは。2020年10月28日発売の週刊少年マガジンより、ブルーロック【106話】「カメレオン」を読みました。

105話では、第1試合に続いて、始まったのは第2試合。凪と士道はメンバーを変えてピッチに戻り、対戦相手は凪と雪宮が率いるCチームです。

なんとか凪の隣に立つ資格を得ようとする玲王ですが・・・雪宮と凪のコンビは、ファーストシュートを決めるのでした。

それでは、この記事では、ブルーロック【106話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「ブルーロック」を1冊無料で読む

ブルーロック【106話】最新話ネタバレあらすじ

凪と雪宮の動きを見て、自分では及ばないと感じる玲王。

その時、あることを悟ります。

同じチームでサッカーをしていた玲王と凪は、最強コンビだと思っていました。しかし、いつの間にかもっと上の存在になっていた凪・・・。

かつての凪ではないと、玲王は再確認したのです。

1点を先制したCチーム。

Aチームのリスタートによってゲームは再開します。

ドリブルで前線に上がるのは凜。

凜のマークについた玲王は、考えていました。自分の能力は突出した長所がないオールラウンダー。

目立った能力がない代わりに、全てを高いレベルではこなすことができます。

100点の能力を持っていて、誰もをねじ伏せられるプレーヤーが凜だとすると・・・玲王は99点止まりのプレーヤー・・・。

考えている間に、玲王はまた抜きを食らって凜に抜かれています。

進出した凜がパスを出したのは、前線に居た石狩。

高校No,1の高身長の石狩は、ヘディングで蟻生にパスを送りました。

こちらも高身長の蟻生は、またしてもヘディングで凜へパス・・・。

誰も届かない空中の攻防を簡単に制し、ボールは凜の元へと戻ったのです。

3人が化学反応を起こし、Aチームはすぐさまゴールを奪い返すのでした!

圧倒的な才能を目にし続け、考えているのは玲王。

玲王は裕福な家庭に生まれ、その器用さで全て常に人の上に立つ存在でした。

勉強もでき、女の子の視線も独り占め・・・。

全てのモノを手に入れられると思っていた玲王ですが、この世界は違ったのです。

世界一を目指し続ける選手たちを見て、まぶしく見えると感じる玲王。

自分もその世界に行きたいと、強く願い始めます。

元の生活に戻ったら、いくらでもあるお金に自分の思い通りになる環境。

そんなモノが下らないと考えた玲王は思います。

どうせこのまま終わるなら、全部脱ぎ捨てて戦う・・・!!

そう考えて、玲王は走り出します。

その頃、既にリスタートして走り出している雪宮。

雪宮のボールを、凜が弾いていました。

雪宮の元を放れたボールは・・・玲王の下へ・・・。

ゴール前に進出した玲王を見て、凪は当たり前のようにパスを要求します。

しかし、玲王がパスを出すことはありませんでした。

全てが平均点以上の器用さを生かした玲王は、直接ゴールを狙ったのです。

高く上がったボールは・・・急降下する無揚力シュート!!

玲王は雪宮の技術をコピーするという進化を見せるのでした。

ブルーロック【106話】感想

第2試合の主役は、やはり玲王でした、凪に置いていかれ、リベンジを誓って勝ち上がってきた玲王。

凪と別のチームで戦うことも考えますが、最終的には同じチームを選択しました。

隣に立って、自分の存在を分からせる・・・!!しかし、開始早々にレベルの違いを見せつけられます。

その結果、玲王が辿り着いたのは・・・・コピーという新たなスキル!!

99点の選手だと自分を受け入れたことにより、他人の技を複写すると言う結論に至ったのです!

ブルーロック【107話】考察予想

雪宮のシュートを、瞬時にコピーした玲王。本物の技術を100点とすると、99点のコピーができると言うことでしょうか!?

あくまで自分の身体能力の範囲での技だと思いますが、最強の能力になり得ますね!!

次回は玲王の活躍もあり、Cチームが優位にゲームを進めそうです。

ただ、簡単に勝利できるとは思っていません。

凪と士道が噛み合い始め・・・Aチームも追い上げるのではないでしょうか!?もしくはこのまま喧嘩が続き、Aチームの選出は絶望的になる可能性もあります。

個人的には、そろそろイガグリが邪魔です!!笑

ブルーロック【107話】へ

まとめ

この記事では、ブルーロック【106話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「ブルーロック」を1冊無料で読む