ブラッククローバー

ブラッククローバー【276話】最新話ネタバレ確定&感想!ユノVSゼノン

こんにちは。ひらりです。

2020年12月21日発売の週刊少年ジャンプより、ブラッククローバー【276話】「ボレアス」を読みました。

275話では、レジスタンスの陽動を利用し、スペード王国の城内に侵入したスペード王国の魔導師たち。しかし、レジスタンスの前には伝説の魔神が現れます!!

伝説の魔神を相手にするのは、突然現れたメレオレナ!!?半年間で成長を遂げた彼女は、魔神を焼き尽くしてしまうのでした。

それでは、この記事では、ブラッククローバー【276話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ブラッククローバー【276話】最新話ネタバレあらすじ

城内に侵入し、ゼノンの下に到着したユノ。

ランギルスと共に、ゼノンの前に立ちはだかります。

そんなユノを見て、驚くゼノン。

殺したはずのユノが、目の前に立っている・・・?

疑問に答えるユノは、ヴァンジャスの力だと説明しました。

大切な団長を取り戻すため、ユノは攻撃を仕掛けます。

しかし・・・ゼノンは骨魔法を発動。

ユノの攻撃は、簡単に弾かれてしまいました。

以前戦ったことがあるユノは、骨魔法の特徴を知っています。

絶対的な防御力と、圧倒的な再生速度。

これにより、物理攻撃はほぼ無効かされるのです。

そこで動きだしたのは、隣に控えていたランギルス。

空間魔法を使って、ゼノンの骨を削りにかかりました。

しかし、ランギルスの魔法はさらなる空間魔法で防がれます・・・。

自身の骨魔法に加え、悪魔の空間魔法を使うゼノン。

ランギルスを遥かに上回る空間魔法の使い手であるゼノンは、部屋全体を絶対空間で覆いました。

その空間内では、魔法の使用が出来なくなる・・・。

ランギルスは魔法を保つことができず、無力化されます。

その状態で、無数の骨がユノとランギルスを取り囲みました。

しかし・・・冷静にベルを呼び出すユノ。

リベンジを誓って力を溜めていたベルは、ユノとの同化を開始!!

新たな魔法、〝スピリット・オブ・ボレアス〟を発動します!!

ユノの新たな魔法を見て、威圧感を感じるゼノン。

ただ、絶対空間内にいるために油断をしています。

構わずに、ユノに攻撃を仕掛けました。

ゼノンの骨が、ユノに届く瞬間・・・全ての骨が塵と化していきます。

絶対空間内にいるにも関わらず、マナを制御しているユノ。

ただ、ユノを観察しているとその理由が分かりました。

ユノは・・・マナに愛されている!!

目の前に立つユノを見て、冷や汗をかくゼノン。

骨魔法で防御するものの、ユノの持つ槍の前には無力です。

槍の一突きで、ユノはゼノンの胴に風穴を空けるのでした。

ブラッククローバー【276話】感想

今回描かれたのは、ユノvsゼノン。

以前は敗れているユノですが。この数日間で飛躍的に進化しました。たった数日でここまで変わるのか・・・!?

ベルがマナを蓄えていたことも理由の一つかもしれません。

ただ、ユノの中にはとてつもない才能が眠っていることは間違いありませんね!!

スペード王国の王族であるユノは、普通に育っていれば神童と呼ばれたでしょう。その力が開花した今、悪魔にも対抗できる力を得たのかもしれません!

ブラッククローバー【277話】考察予想

ゼノンに重い一撃を浴びせたユノ。外では、メレオレナが魔神を葬りました。

しかし、こんな簡単には終わらないと思います。

まだ復活していないダンテはアスタ、健在のヴァニカはノエルが戦うことになります。

クローバー王国の団長たちの活躍もあるとは思いますが、最終手金は劣勢となるのではないでしょうか!?

冥府の門は完全には開かれないかもしれませんが、何体かの悪魔は出て来るはず・・・。漆黒の三極性との激戦の後、悪魔との戦いが始まると予想します!

ブラッククローバー【277話】へ

まとめ

この記事では、ブラッククローバー【276話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

ブラッククローバー 28巻2021年4月2日にブラッククローバー【28巻】が発売されました。28巻を無料でいますぐ読むならU-NEXTがおすすめです!初回31日間無料でサイトを利用でき、付与されるポイントを使えば実質無料で読むことができます!ぜひチェックしてください。無料トライアル