バキ道

バキ道【81話】最新話ネタバレあらすじ確定!四陣戦の決着

こんにちは。ひらりです。

2020年12月24日発売の週刊少年チャンピオンより、バキ道【81話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

80話では、獅子丸に中国拳法で攻撃をする克巳。 タフな獅子丸にもついにはダメージが重なり最後の攻撃に入ります。

空手の構えに戻して五段連撃を放つ克巳でしたが、獅子丸に両肩を掴まれるとそのまま地面に倒されてしまい、最後は顔面に頭突きを浴びせられるのでした。 

「バキ道」を1冊無料で読む

バキ道【81話】最新話ネタバレ「四陣戦の決着」

大相撲との正面衝突とばかりに頭突きで終わったラストシーン。

逃げ場がないままモロに顔面にくらった克巳のダメージは相当なものでしょう。

鼻骨が折れてもおかしくなさそうです。

そもそも父の独歩と同様にパフォーマンスが過ぎるゆえの苦戦なのですが、克巳はまだ必殺技ともいうべきマッハ拳を撃っていません。

空手に一生を捧げたはずの克巳が烈の右手を移植されたことで、体が憑依されるような何でもありも展開でしたが、最後は盟友である烈の右手で勝負を決めて欲しいです。

バキ道【81話】最新話ネタバレ「副将戦の予想」

副将は、刃牙 × 炎の対決です。

既に地下闘志軍団は、渋川、独歩、花山が勝利しており、この時点で団体戦における敗戦はなくなりました。

おそらく、四陣戦も克巳が勝つでしょう。

こうなると読者としての楽しみは、炎には気の毒ですがバキが如何にして秒殺するか、または、次の大将戦で宿禰は横綱相手に勝てるのか、に興味が移ってもおかしくありません。

よくあるパターンとしては、刃牙のパンチが相手の顎を掠めて脳を揺らしたままダウン。
こんな感じでしょうか?

バキ道【81話】最新話ネタバレ「大将戦の予想」

大将戦は、宿禰 × 零鵬です。

格闘技界のエリートと称されて前哨戦では総合格闘技の猛者たちを病院送りにしてきた大相撲軍団。

しかし、このまま全敗では終われないはずなので、零鵬は横綱としては絶対に負けられません。

普段は冷静な様子ですが、宿禰との勝負でどのような立ち合いを見せてくれるか期待します。

一方の宿禰も、路上ファイトとはいえ大関クラスを難なく持ち上げて、バキとの試し合いでは互角以上のパフォーマンスを見せてくれました。

地下闘志の全勝か、大相撲が一矢報いるか、激突必死です。

 

まとめ

この記事では、バキ道【81話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「バキ道」を1冊無料で読む