あやかしトライアングル

あやかしトライアングル【23話】最新話ネタバレ感想!妖の女王・花奏すず

こんにちは。ひらりです。2020年11月30日発売の週刊少年ジャンプより、あやかしトライアングル【23話】「妖の女王・花奏すず」を読みました。

22話では、人妖である日喰を倒した祭里。日喰に喰われたことによって一瞬、男の子の姿に戻った祭里のことをすずは改めて好きだと考えます。

一方の祭里も、すずの成長を感じ遠くに行ってしまうような気がしていた思いが薄れていくのでした。

それでは、この記事では、あやかしトライアングル【23話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

あやかしトライアングル【23話】最新話ネタバレあらすじ

戦いの終わったすずは猫の姿に戻ったシロガネを無理やりお風呂に入れていました。

女の姿に戻ってしまった祭里はそんなすずの報告を家で聞いています。

力を失ったシロガネはすずと一緒に暮らすことにしたのでした。

日喰を見たクラスメイトたちもそのことを覚えていませんでした。

祭里は自分の祖父に、すずが妖の王を継ぐなんてできると思うかと問いかけます。祭里の祖父は黙ったまま考え込むのでした。

次の日、祭里はすずが神社で妖たちに囲まれてもてはやされているのを見て驚きます。

画楽が新しい妖の王のために声をかけて集めていたのでした。

もめ事が起きた時のリーダーを欲していたのだという妖たち。

しかしその中でも反対の声がありました。シロガネのように強くなければ王は務まらないという妖がいたのです。

自分がサポートするという祭里でしたが、狸の妖は祭里に幻術をかけてくるのでした。

なぜかすずと一緒にお風呂に入る幻を見せられた祭里。

女同士なんだから、と祭里を押し倒してくるすずに祭里は理性がもたないと叫び声を上げるのでした。

そんな祭里の幻術を解こうとするすず。しかしその術は外部から干渉できないものでした。

狸の妖は、以前すずと仲良くしていたものの子供の祭里に妖と人間は仲良くできないからと引き離されていたのです。

そんな自分が悪かったと考える祭里の気持ちを察した狸の妖でしたが自分で術を解くことができないと慌てます。

すずは自分の能力を発動させると祭里の心を引き戻すのでした。すずの仲裁で仲直りすることになった祭里と狸の妖。

シロガネはそんな二人を複雑そうに見つめるのでした。

あやかしトライアングル【23話】感想

まさかの祭里のヤバい妄想が現実と化して祭里に襲ってきた今回。女の子同士と言えども、男の子の祭里が考える妄想なのでかなりギリギリの話でしたね。

今までバトルシーンが多くエロが少なかった分、今回の幻術のクオリティはやばかったです。

妖の王としてがんばることになったすずですが、今後色々な敵が襲ってきそうで心配でもありますよね。

祭里がすずのために協力して、妖の王としてみんなに認めさせるような感じになるのが楽しみです。

あやかしトライアングル【24話】考察予想

すずが妖の王として君臨することを認めた祭里。今後は今まで反対していたのとは対照的に、すずが積極的に妖たちと関わっていくのを見守るような展開になっていきそうですね。

もちろんやばい妖も多いでしょうから祭里が巫女のすずを守るためにバトルしたりアクションを繰り広げたりする展開が予想できると思います。

すずもただ守られているだけではなくて、自分の能力を生かして祭里とともに戦っていくような気がして今からとても楽しみです。

あやかしトライアングル【24話】へ

まとめ

この記事では、あやかしトライアングル【23話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「あやかしトライアングル」を1冊無料で読む