あやかしトライアングル

あやかしトライアングル【7話】最新話ネタバレ感想|ドキドキの展開!巫女の憂鬱

こんにちは。2020年8月3日発売の週刊少年ジャンプより、あやかしトライアングル【7話】「巫女の憂鬱」を読みました。

6話では、すずの友人であるヤヨとルーに歩み寄ろうとする祭里。

もともと修行ばっかりで友達がいなかった祭里だったが、下級のあやかしに転ばされて階段から落ちそうになったヤヨを助けると素直な気持ちを伝えることで改めて二人と仲良くなるのでした。

それでは、この記事では、あやかしトライアングル【7話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「あやかしトライアングル」のコミックスを1冊無料で読む

あやかしトライアングル【7話】最新話ネタバレあらすじ

ヤヨを転ばせた下級の妖を脅かして脅かして人里に来なくなるような儀式をする祭里と祖父。

それを見つめながらすずは初めて聞いた話だと納得しつつも、祭里が自分に重要な話を打ち明けてはくれないのだと思い知ります。

四人で屋上でランチしながらたわいない話をする祭里たち。

呪いで犬になった彼氏をキスで元に戻すという映画の話を聞いて、祭里は結婚前の男女がそういうことをしてはいけないときっぱり言います。

恋愛観をこじらせていそうな祭里と見ながらすずは複雑な表情をするのでした。そこに同じ祓忍である二ノ曲の使い魔である妖が現れて呼び出しを受けます。

普通の人間には見えなくなるという忍の衣装で対峙した祭里に、二ノ曲はすずについて警告します。

人にして妖だったという話を聞いたことがあるという巫女の子孫でもあるかもしれないすずに警戒するように言う二ノ曲。

祭里は怒って胸ぐらを掴むが、おっぱいを押し付けられた二ノ曲は赤面して逃げ出してしまいます。

家に帰ったすずは祭里の呪いのことを考えながら眠りにつきます。

その時、シロガネと祭里は一瞬、おかしな気配を感じ取るのでした。

祭里は昔のすずを思い出しながらウトウトします。

友達のいなかった自分にフレンドリーに話しかけて来てくれて、祭里を理解してくれた子供のすず。

そんなことを考えながら目を開くと、すずが祭里のそばにいて祭里にのしかかってくるのでした。

シロガネの変化ではない、本物のすずの気配を感じ取った祭里は戸惑いますが、すずは自分に任せてと言うと祭里にキスするのでした。

あやかしトライアングル【7話】感想

なぜか女の子同士でキスする展開になった今回。二人ともとってもかわいい見た目をしているので、キスしたシーンはドキドキな感じでした。

また、それを目撃したシロガネの驚愕っぷりもおもしろかったです。

キスしたら呪いが解けるとすずが信じているのかもしれないですが、祭里にとっては驚きの展開だと思いました。

また、同じように祭里におっぱいを押し付けられて取り乱す二ノ曲もおもしろかったですね。

エラソーなことを言いながら女の子に免疫がない、というキャラ設定はいいなと思いました。

あやかしトライアングル【8話】考察予想

寝ぼける祭里にキスしてきたすず。昼間、ヤヨたちと話していた呪いの解き方を実行しているだけのようにも感じますが、その直前にシロガネや祭里が怪しい気配を感じ取ったのも気になりますね。

もしかしたら、すずを操る妖などの仕業かもしれません。すずと祭里がイチャイチャするのを防ごうとするシロガネが意外にも活躍するような展開も考えられます。

また、二ノ曲が言っていた巫女が妖でもあるという噂の真相を探る流れも期待できると思います。

まとめ

2020年8月3日発売の週刊少年ジャンプより、あやかしトライアングル【7話】「巫女の憂鬱」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまで読んでいただきありがとうございます。ぜひ漫画もチェックしてみてくださいね!

「あやかしトライアングル」のコミックスを1冊無料で読む