あやかしトライアングル

あやかしトライアングル【16話】最新話ネタバレ感想|初めてのひと

こんにちは。2020年10月12日発売の週刊少年ジャンプより、あやかしトライアングル【16話】「初めてのひと」を読みました。

15話では、妖巫女としての能力に気づき始めたすずは、祭里にかけられた呪いを解こうと奮闘します。一方の祭里は任務中に忍具が壊れてしまい、修理屋に向かうことになります。

そこで出会った修理屋のれおは祭里に抱き付くと、私の初めての人、という意味深な言葉を投げかけるのでした。

それでは、この記事では、あやかしトライアングル【16話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

あやかしトライアングル【16話】最新話ネタバレあらすじ

修理屋の道場で祭里はレオの作ったロボットを相手に戦いを始めていました。

それをモニターで見ながらレオは祭里のステータスを確認して行きます。

一緒に見守るすずに、レオは祭里の体のことは隅々まで知っておかなければならないと微笑むのでした。

祭里とレオのただならぬ関係に赤くなるすず。

祭里との付き合いの長さを聞かれたレオは自分にとって忘れられないとなつかしそうに答えるのでした。

かつて祖父に連れられて常連の祭里の祖父のもとにやってきたレオ。

面白半分で作ったと言われた手裏剣を祭里が使いこなしたのをみて驚きます。

自分の装束はレオに作ってほしい、という祭里にレオは初めて職人として認められたと感激するのでした。

大切な仕事を自分にまかせてくれたからには、命がけで祭里をサポートしたいというレオ。

そんな二人の目の前で、なぜかレオのロボットが暴走を始めます。

ロボットの中にはシロガネが入っていた祭里を翻弄していたのです。

遠慮なく壊していい、というレオの言葉で翻弄されていた祭里は術を使って吹き飛ばすのでした。

すずは自分の知らなかった祭里の世界を知って、自分も頑張らなければと気合を入れ直すのでした。そんなすずに祓忍の装束を勧めたレオ。

それは布の少ない際どい衣装で祭里をドキドキさせるのでした。

その夜、祭里は縁側で考え込んでいました。祭里の壊れた忍具はすずが呪いを解こうとした力が大きすぎて壊れてしまったのだと気づいたのです。

すずの力が妖よりで、遠くに行ってしまう気がすると不安に感じる祭里。

一方、シロガネも街に迫る気配を感じ取って警戒しているのでした。

あやかしトライアングル【16話】感想

祭里とレオの信頼関係がよくわかる展開になりましたね。

自分を職人として認めてくれた祭里をサポートしたいと頑張るレオ。その気持ちの中にはいくらかの好意も含まれているようですずもうかうかしていられないと感じました。

そんな二人の関係を目の当たりにしても、嫉妬することなく自分も頑張ろうと考えるすずはとってもヒロインらしいと思いました。

新しいサポートキャラが登場したことでさらにバトルやアクションが加速しそうで楽しみですね。

「あやかしトライアングル」の漫画を1冊無料で読む

あやかしトライアングル【17話】考察予想

すずの力が妖に近いものだと感じている祭里。戦いや妖からはすずを遠ざけたいと考えているようですが、祭里を助けるためにがんばりたいと考えているすずは聞く耳をもたなそうですよね。

今後もすずが祭里のために戦いをフォローすることでますますトラブル的な展開が大きくなっていくのではないでしょうか。

また、シロガネもなんらかの事情を抱えているようで街に新しい妖が近づいているのと関係しているようです。次回からはシリアスな展開になっていく気がします。

まとめ

この記事では、あやかしトライアングル【16話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「あやかしトライアングル」の漫画を1冊無料で読む