あせとせっけん

あせとせっけん【94話】最新話ネタバレ感想|地獄の2月!結婚式まで1ケ月

こんにちは。ひらりです。2020年12月3日発売のモーニングより、あせとせっけん【94話】「地獄の2月」を読みました。

93話では、年末は香太郎の実家へ行った2人が、香太郎の叔父宅も訪ねました。

香太郎が茶園を継がず、外の会社で働くまでには家族や親戚の中での様々なやりとりがあったことを聞いた麻子は、香太郎に関する新たなことを知り胸を熱くしました。

それでは、この記事では、あせとせっけん【94話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

あせとせっけん【94話】最新話ネタバレあらすじ

正月、2人は麻子の実家を訪ねました。

香太郎がまろ助に馴れてもらうためのチャレンジをしている間、麻子は両親と結婚式に関する話をしていました。

とてもリラックスした時間を過ごすことが出来たお正月でしたが、それは2月に一変してしまいました。

経理部にとって1年で最も忙しくなるこの時期、大蔵はミスが許されないからこそしっかりと休息を取り、疲れ溜めすぎないようにしようと再確認しました。

麻子は結婚のタイミングでこの繁忙期が来ることを覚悟していました。

経理部の人間を呼びたい分、3月に挙式する事を決めかねていた麻子に、大蔵は麻子が乗り越えられるのであれば周りのことは気にしすぎなくていい、と言ってくれたのです。

頑張る気持ちを強く持ち、仕事に取りかかる麻子でしたが、やはり土日に結婚式の準備もありどんどん疲れが溜まっていきます。

加えて宝田から挙式費用の見積書も送られて来たため、麻子は本当に疲れきってしまいました。

香太郎よりも遅い時間に帰宅する麻子は、目に見えて疲れておりにおいにも覇気がありません。

香太郎のちょっとした気遣いだけで泣いてしまうような状態の麻子を癒すため、香太郎は立ち上がります。

どうすればいいのか分からない香太郎でしたが、麻子はラーメンを食べたと言う香太郎のにおいを嗅いでみたいと答えました。

嬉しくなった麻子は、疲れているはずなのに香太郎にその先を要求し、何とか2月を乗り越えることが出来ました。

式まで残すところ1ヶ月です。

あせとせっけん【94話】感想

麻子が甘える回でした。いつも思いますが、麻子は性欲が強めですね。素直に言うところがとても可愛いです。

香太郎と付き合うまでは人と付き合った経験がなかったとは思えないほど香太郎を求めてしまう背景には、やはり香太郎には底知れぬ優しさがあるからなのでしょう。

結婚前のやりとりといい、香太郎はどんな麻子のこともとても大切にしてくれるため、大切な香太郎とくっついていたいのかもしれません。やっぱり麻子は可愛いです。

あせとせっけん【94話】考察予想

いよいよ結婚式まであと1ヶ月と短くなりました。1話で1ヶ月以上進むというすごい話でしたが流石にここからは少しだけペースを落とす気がします。

既に結婚はしているためマリッジブルーとは違うのかも知れませんが、結婚式という大イベントを間近に控えた麻子の心に変化があるかどうかが気になります。

繁忙期を乗り越えた麻子はもう何でも乗り越えることが出来ると思うので心配はありませんが、人間何が起こるか分からないので油断せずに見守っていきましょう。

あせとせっけん【95話】へ

まとめ

この記事では、あせとせっけん【94話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!