ヤングマガジン

アルキメデスの大戦【246話】最新話ネタバレ考察|大和の活躍は!

こんにちは。ひらりです。

2020年12月21日発売のヤングマガジンより、アルキメデスの大戦【246話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定記事はこちら

245話では、日米戦争の早期終結のためには、東南アジアではなくミッドウェー島の攻略が最重要だと断言する櫂は、赤軍の将校たちの反対を押し切りアメリカ艦隊を進めます。

主計の素人判断だと周囲が見る中、黒沼率いる青軍の連合艦隊もミッドウェーを目指していたのです。

アルキメデスの大戦【246話】最新話ネタバレ「大和の活躍は?」

結論からすれば「暁作戦」とは異なり大和の出番はないと思われます。

理由としては二つ。

超長距離からの精度の問題が一つ。

強力すぎる大和の主砲では敵はおろか味方にも被害を与える可能性があるからです。まして動いている船に当てるなどは至難の業。

それではと島を直接攻撃してはと意見もあるでしょうが、ハワイと異なりミッドウェー島は、米軍本土を攻めるための攻撃拠点として、占領後は日本軍が再利用することから基地を破壊しては意味がありません。

勿論、黒沼もそのことは十分承知しているはずなので、この演習で大和をどう使うのか注目されます。 

アルキメデスの大戦【246話】最新話ネタバレ「天才同士の対決」

ミッドウェー島の重要性を参謀どころか司令長官の山本すら見落としていた海軍。

この時点で櫂と黒沼が別次元の天才ぶりを表現しています。

天才同士の戦いは次回の必見です。

「暁作戦」成功の勢いから、黒沼の作戦は艦載機を中心にした攻撃が予想されます。

青軍は現在空母を4隻展開。「暁作戦」同様に攻撃を2回に分けた連続した攻撃を執るのか。

それとも一気呵成に全艦載機を出撃させるのか。

対する赤軍は空母3隻と少ないため、実際の歴史と同様に日本の攻撃部隊が補給で一旦空母に帰投するタイミングを見計らい攻撃する可能性があります。 

アルキメデスの大戦【246話】最新話ネタバレ「今度の櫂の立場は?」

恐らくはミッドウェー演習は櫂が勝利することでしょう。

問題はその後です。

黒沼は作戦参謀という立場にあり主計局に敗戦でもしたら、普通の人間ならば立つ瀬のない所でしょうが、そこは変人。

勝敗よりも櫂の作戦に感心しそうなタイプです。

もしかしたら櫂を主計から参謀室に引き抜く可能性があるかもしれません。

次に山本ですが、今回の演習での敗戦を反省点として「暁作戦」の中に上手く組み込んで、作戦をより完璧なものに仕上ることでしょう。

日米戦争を避けるための櫂の奮戦が、却って開戦への自信を深める皮肉な結果になりそうです。

まとめ

この記事では、アルキメデスの大戦【246話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定記事はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「アルキメデスの大戦」の漫画を1冊お得に読む