アンメット-ある脳外科医の日記-

アンメット-ある脳外科医の日記-【2話】最新話ネタバレ確定!脳内血種②

こんにちは。ひらりです。

2020年12月24日発売のモーニングより、アンメット-ある脳外科医の日記-【2話】のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。(確定はこちら

第1話では、アメリカからやって来た三瓶友治は、脳外科のエリートですが仕事中毒の変人。

丘陵セントラル病院では受け入れ困難な患者を受け入れて完璧な手術で患者を救う凄腕医師ですが、三瓶は患者にとって大変なのはこれからだと話します。

最新の『モーニング』を無料で読む

アンメット-ある脳外科医の日記-【2話】ネタバレ「脳内血種②」

脳血種の診断を受けて緊急手術をされた患者ですが、タイトルで「脳内血種」と書いてありました。頭蓋内血種の中でも脳内血種は脳の内部に生じる血種です。

今回の患者は突然倒れたと言う情報があります。

つまり外傷による出血ではないのでしょうか。既に左半身に麻痺が出ているため、状況はかなり深刻な状態。

三瓶が言っていた本当に大変なのはこれから、という言葉は脳の病気によって生じる後遺症などのことをさしていると思われます。

アンメット-ある脳外科医の日記-【2話】ネタバレ「奥さんの反応は?」

家にいる時に突然旦那が倒れたと電話を貰った奥さん。急いで病院に向かい、一命をとりとめことを聞いてひとまず安心するでしょう。

しかし今回患者の出血はとても多く、予後はかなり悪いと思われます。

目覚めるかどうか分かりませんと言われて1週間くらいならまだ希望を持って待てるかもしれませんが、その先は難しくなってくるでしょう。

更に、家にいたと言うことは専業主婦である可能性が高く、お金のことも考えると旦那さんが急に倒れたことがこれから様々な問題を運んできます。

奥さんは安心した気持ちを忘れてどんどん嫌になってくるでしょう。

アンメット-ある脳外科医の日記-【2話】ネタバレ「患者が目覚めたその先」

幸運なことに患者が目を覚ましたとします。しかし脳出血というのは脳を破壊してしまい、ダメージを受けた脳はもう元には戻りません。

既に左半身に麻痺があり、倒れた時点からさらに出血していたため後遺症はさらにひどいものとなります。

記憶障害や他の部分の麻痺などがある可能性が非常に高いです。

旦那さんが働けなくなるどころか、介護が必要な体になってしまった場合、奥さんは旦那さんが生きて目覚めてくれたことを心から喜べるのでしょうか。

まとめ

この記事では、アンメット-ある脳外科医の日記-【2話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。(確定はこちら

ここまでご覧くださりありがとうございます!