アンデッドアンラック

アンデッドアンラック【43話】最新話ネタバレ感想!記憶の中を旅する

こんにちは。ひらりです。2020年12月7日発売の週刊少年ジャンプより、アンデッドアンラック【43話】「DEADLINE」を読みました。

42話では、本になったアンディの記憶に入り、旅をする風子。過去のアンディに出会い、そのルーツを知ります。1865年のワシントンDC。

それが、今のアンディが覚えている最初の記憶でした。それを知った風子は、その日のその場所へと旅立っていきます。

それでは、この記事では、アンデッドアンラック【43話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「アンデッドアンラック」を1冊無料で読む

アンデッドアンラック【43話】最新話ネタバレあらすじ

アンディを本に変え、風子を記憶に送った安野雲。

風子は己を知り、アンディも過去の自分を知る・・・。

それによって、2人は強くなると安野雲は語ります。

ただ、2人の邪魔をする人物が安野雲の前に現れました。

その正体は・・・UNDER・・・。

安野雲はUNDERを見て、邪魔をするなら殺すと言い切ます。

一方の風子は・・・記憶を遡り、さらに過去へと来ていました。

周囲を見渡し、戸惑う風子。

しかし・・・目の前には、ヴィクトルが立っているのです!!

過去に戻り、まだヴィクトルの頃のアンディに出会った風子。

すかさず銃を構える風子ですが・・・ヴィクトルは背後に回り込みました。

アンディから自我を奪いたいヴィクトルは、一瞬で風子を殺します!!

殺された風子は・・・気が付けば過去のアンディと会った荒野に!!?

そんな風子の背後に、またしてもヴィクトルが経っています。

再び殺され、次は1876年に送られた風子。

風子の前に姿を現したヴィクトルは、狙いを教えてくれました。

今、本の中に記憶されているのは2020年12月までの記憶。

この中で風子が死ぬと、どんどん未来に進んで行きます。

そして、最後には・・・この本の中で、死ぬことになるのです。

風子を殺し、アンディに精神的ダメージを与えるつもりのヴィクトル。

それで、身体を奪い返そうとしていました。

その後、何度も殺され・・・。

風子は、2020年の8月まで進んでいます。

ここで殺されれば、風子の存在は消える・・・。

アンディに何も返せていないと感じる風子は、必死に逃げようとしました。

一方のヴィクトルは、ビルの上から街を見下ろしています。

建物や人の中から、風子を探すのは面倒だと呟くヴィクトル。

指先から血を出し・・・刃と化して街を攻撃したのです。

ヴィクトルの一撃で、崩壊するビル。

瓦礫の山と化した街を見て、ヴィクトルは風子の処分を終えたと感じました。

これで身体を奪い返せると確信するヴィクトル。

恋人であるジュイスの名前を呟きます。

しかし・・・瓦礫の中から、風子を抱きかかえたのはアンディ。

腕を回転させ・・・ヴィクトルに攻撃を仕掛けます。

回転力を高めた腕を飛ばしてくるアンディを見て、そんな攻撃は効かないと断言するヴィクトル。

そんなヴィクトルの予想を裏切り、アンディの攻撃はヴィクトルの身体を突き破りました!

アンデッドアンラック【43話】感想

記憶の中を旅する風子。そんな風子とアンディを見守る安野雲の前には、UNDERが現れたようです。

アンディと風子の修行を、邪魔しようとするUNDER。

さらに、安野雲が預言者であることに気が付いている可能性が高いですね!

予言者を奪われると、ユニオンは危機的状況となります。安野雲はどうなるのか・・・!?

一方の風子は、記憶の中でヴィクトルに狙われていました。そんな風子を助けたのはアンディ。

次回からは、激しいバトルが始まりそうです!!

アンデッドアンラック【44話】考察予想

過去のアンディに対して、風子が最後に言った言葉。2020年の8月1日に、2人は新宿駅で会う・・・。風子はそう伝えます。

最後に風子が飛んだのは、2020年の8月。新宿駅の目の前でした。

そこで殺されそうになった風子を助けたのはアンディ。

ヴィクトールの身体を一撃で吹き飛ばすほど、強くなっています。

これは、過去に風子と出会ったことがきっかけでしょうか!?

早くに不死を自覚したアンディは、その力を以前より使い粉いている可能性が高いと思います!

アンデッドアンラック【44話】へ

まとめ

この記事では、アンデッドアンラック【43話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「アンデッドアンラック」を1冊無料で読む