アンデッドアンラック

アンデッドアンラック【36話】最新話ネタバレ感想|一人じゃない

こんにちは。2020年10月17日(土)発売の週刊少年ジャンプより、アンデッドアンラック【36話】「一人じゃない」を読みました。

35話では、ビリーに円卓を奪われたものの、なんとかアポカリプスを取り戻したアンディと風子。ジュイスはこれ以上ビリーを追うことはせず、真実を仲間に話す言います。

地上にユニオンのメンバーを集め、話し始めるジュイス。この世界は、ループしているということが明らかになりました。

それでは、この記事では、アンデッドアンラック【36話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「アンデッドアンラック」の漫画を1冊無料で読む

アンデッドアンラック【36話】最新話ネタバレあらすじ

この世界は神によって何度も破壊され、同じことを繰り返している・・・。

ジュイスはその事実を、ループと呼んでいます。

世界がずっと繰り返されていることは分かりましたが、なぜジュイスはその事を知っているのか・・・!?

前回の世界の記憶を引き継ぐには、いくつかの方法があるとジュイスは言います。

ジュイスが使ったのは、古代遺物アークの使用。

アークを使用することで、ジュイスは記憶を引き継いでいました。

その事を、証明しろと話すアンディ。

問われたジュイスは、この世界の終わりを語り始めます。

まず、神によって粉々に砕かれる地球。

そしてすぐに、新しい地球が作られます。

その時、前の地球の破片が宇宙に散乱することになる・・・。

風子が不運で読んでいる隕石は、前回の地球の欠片なのです!!

さらに、ループの証明にアンディを使うジュイス。

アンディの右耳の裏に、ホクロがある・・・?

風子がアンディの右耳を引っ張ると、確かにそこにはホクロがありました。

アンディと親密な関係にないと分からない場所と言うことで、顔を赤くして動揺する風子。

風子に落ち着けと話すアンディは、ヴィクトールの話題を出します。

前回の地球で、ジュイスとヴィクトールは親密な関係にあった・・・。

ここまでで、ジュイスは記憶を引き継いで戦い続けていたことが分かりました。

そんなジュイスの唯一の理解者は、ヴィクトール。

ジュイスはアークで記憶を引き継ぎ、ヴィクトールは地球の破壊でも死ねずに生き続けている・・・。

2人だけが、前回の記憶を持つ存在だったのです。

このループの法則から逃れる方法は、神を殺すか自分が死ぬかだと話すジュイス。

事実を隠していたことに頭を下げ、ジュイスは頼み始めました。

最後まで、自分についてきてほしい・・・。

そんなジュイスに賛同し、戦うことを決意するユニオンのメンバー。

生き延びた一心は手作りの円卓を持ち出し、仲間たちは円卓会議を再開します。

今後の作戦はビリーを拘束してUNDERを潰すこと。

神殺しに必要な円卓を奪い返し、UNDERが所持する古代遺物を全て奪うことに決定しました。

そこでアンディと風子に、ある任務を任せたいと話すジュイス。

ビリーの裏切りによって前回とシナリオが変わった今、未来を見通す遺物がいるのです。

その遺物を使って書かれた本は・・・風子の愛読書、〝君に伝われ〟!!!?

アンデッドアンラック【36話】感想

ジュイスによって、過去の真実が全て語られました。

以前、クエストの途中で現れたヴィクトール。アンディの別人格です。

ヴィクトールは過去のアンディであり、かなりの強さを持っていました。ただ、そのシーンでジュイスとヴィクトールは互いを認識していたのです。

その時のことが伏線になっているとは思いませんでしたね!!次へ行けるというリップの言葉の意味も明確になり、アークの存在が明かされました。

今のところ、アークで次に行けるのは1人だけなのでしょうか!?

アンデッドアンラック【37話】考察予想

ジュイスに任務を与えられ、動き出す風子とアンディ。この任務に風子が抜擢された理由は、遺物に関係しています。

未来を見通す遺物は、ペンの形をしているのでしょう。その遺物を使って書かれたのが、風子の愛読書〝君に伝われ〟だったのです!!

シリアスなムードから一変して、ギャグマンガのような終わり方を見せてくれました。次回からは、新たな展開が予想できそうです。

とはいえ、クエストの期限は迫っている・・・。今後の展開が気になります!!

アンデッドアンラック【37話】へ

まとめ

この記事では、アンデッドアンラック【36話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「アンデッドアンラック」の漫画を1冊無料で読む