アンデッドアンラック

アンデッドアンラック【22話】ネタバレ最新話感想|どっちがいいのかな

漫画!最新話ネタバレ

こんにちは。2020年6月27日(土)発売の週刊少年ジャンプより、アンデッドアンラック【22話】「どっちがいいのかな」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

21話では、報酬によって追加された11席目の椅子。そこに座る否定者を探すため、アンディと風子、タチアナはブラジルに向かいます。

目的の否定者は・・・不治!!アンディが探し求めていた能力を持つ否定者でした!!不治の情報を得るため、アンディと風子は闇オークションに参加します。

アンデッドアンラック【22話】最新話ネタバレあらすじ

闇オークションの会場である船に乗り込むアンディと風子。

船内に入ると、アンディが風子に念押しします。

闇オークションに集まる金持ちはクズばかり・・・。

それに反応し、正しい行いをしていたらきりがないのです。

金持ちの会話を聞き流すよう風子に話すアンディ。

会話を聞いていると、金持ちたちは否定者やUMAをモノのように扱っているのでした。

アポカリプスの報酬により、言語が統一された世界。

その影響により、否定者やUMAの存在は発見されやすくなっています。

食事をとりながら、否定者について話を始める2人。

それは、否定者の幸せについてでした。

組織に入るか、闇オークションで売られるか・・・。

否定者の能力を得た人間は、大きく分けて3つの行動に出るとアンディは話します。

1つ目は能力と向き合い生きる。

2つ目は絶望して死を選ぶ。

最後は開き直り・・・悪事をする・・・!!

しかし、アンディは組織に入り4つ目の選択肢を見つけたのです。

彼らに否定の力を与えた・・・神を殺す!!

自分の運命を決めることができるユニオンという組織を、アンディは気に入っているのでした。

2人が真剣な会話をしている頃、船内では動きがあります。

会場の入り口で、ガードマンに銃を向けられる男。

その男は、IDを持っていません。

しつこい男を処分しようとするガードマンですが・・・男は一瞬でガードマンの喉を切り裂きました。

さらに、喉の傷は止血することができません。

そう・・・彼こそが不治だったのです。

1人の女性をつれて、船内に入っていく不治。

甲板に出ると、船の横に大きな魚が現れます。

その魚から、2人の男が甲板に飛んできました。

不治と女に合流した2人の男。

その様子を監視していたタチアナは、ジュイスに否定者の存在を報告しました。

さらに、その情報をアンディと風子にっも伝えるタチアナ。

否定者の集団が現れたと知り、アンディは動き出します!!

アンデッドアンラック【22話】感想

ユニオン以外の否定者組織が出てきました。不治は能力が明らかになっていいますが、他の3人は分かりません。

巨大な魚はUMAで間違いありませんし、この集団はかなり手強そうですね!

ジュイスは集団の理念を知っており、迫害を受けた否定者たちが世界に復讐しようとしていると話します。

ユニオンとは違う意志をもった集団を相手に、アンディ、風子、タチアナは戦いを挑むことになりそうです。

オークションに出されている否定者の能力も気になります。

アンデッドアンラック【23話】考察予想

次回、アンディたちは不治と激突しそうです。不治の様子を見ると、仲間になるようなタイプとは思えませんね。

アンディたちの狙いは不治を仲間にすること。

の不治は、オークションにかけられる否定者を狙っています。仲間になるとすれば、オークションに出る否定者かもしれません。

ただ、人間に捕獲されていることから、そこまで強い力を持っていないか、風子のように力をコントロールできていない可能性があります。

今回の戦いで、11席目の否定者は見つかるのでしょうか!?

➡アンデッドアンラック【23話】へ

まとめ

2020年6月27日(土)発売の週刊少年ジャンプより、アンデッドアンラック【22話】「どっちがいいのかな」のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

➡「アンデッドアンラック」の最新巻を無料で読む