アンデッドアンラック

アンデッドアンラック【49話】最新話ネタバレ感想|リップの過去!アークに執着する理由

こんにちは。ひらりです。

2021年2月1日発売の週刊少年ジャンプより、アンデッドアンラック【49話】「こっちのもんだ」を読みました。

48話では、安野雲が変えたかったのは、風子が死ぬ未来…。風子はオータムとの戦いの最中、不可視のショーンに不意打ちを受けて殺される予定でした。

しかし、安野雲の努力によって未来は変わります。アンディが放った血の斬撃により…ショーンの胴体は真っ二つになったのです!!

アンデッドアンラック【49話】最新話ネタバレあらすじ

不可視の否定者であるショーン。

能力を使って、強盗殺人を繰り返していました。

そこでリップに捕まり、強制的にアンダーに加入させられます。

両目を閉じることが発動条件のため、リップの提案によって第3の目を移植したショーン。

風子を殺そうと企むも、アンディの攻撃によって他界しました。

真後ろに血の吹き出す下半身があり、目の前には両腕を失った安野雲。

吐きそうになる風子ですが、アンディは切り替えろと声をかけます。

本の中の旅を思い出し、気持ちを一つにするアンディと風子。

未来が変わったことを確認し、安野雲はこれからの物語を楽しみにしていました。

襲いかかってくるのは、リップとウサギの着ぐるみを着たバニー?

リップはアンディに向かい、バニーは風子に向かいます。

攻めの手に出るため、前に出てバニーに触れる風子。

吹き飛ばされたバニーは泣きますが、風子の銃を奪っていました。

バニーをアテにせず、1人で戦うことを決めたリップ。そんなリップを、風子は仲間に誘います。

一緒にオーダーを倒そう…。

しかし、リップは目的のために誘いを断ります。

彼とラトラの目的はアーク。

その未来を知っている安野雲は、未来を語りました。

このままだとリップたちはアークに乗れず、ラトラは死ぬことになる…。

2人がアークにこだわるのは、ラトラの妹が死んだからです。

この2人は、互いに妹を殺した責任を感じていました。

アークで過去に戻り、もう一度やり直す!

リップはそのためになら、全てかける覚悟です。

その時、リップの通信機からラトラの声が!?

同じ覚悟を持つラトラは、オータムを追って移動中。

安野雲が実体化した自分に指を感じ、オータムが迫ってきているのでした。

リップ&ラトラとアンディ&風子。

オータムの奪い合いが、今始まろうとしています!

アンデッドアンラック【49話】感想

今回語られたのは、リップの過去。小さくなった理由は未だに分かりませんが、アークに執着する理由はわかりました。

リップとラトラは、亡くなったラトラの妹を救いたいと感じていたのです。ラトラは自分の占いが殺したと言い、リップは自分の執刀が原因だと言う…。

医師であるリップは、ラトラの妹を救えたと後悔しているようです。だからこそ、アークに乗ってループすることが目的!

神殺しを目的とするユニオンとは、敵対しても仕方ありません。

アンデッドアンラック【50話】考察予想

オータムが登場し、アンディもリップもそっちに意識が移りました。オータムは討伐ではなく、捕獲がミッション。

討伐だとクエスト達成とはなりません。

どちらがオータムを捕獲し、アポカリプスのクエストをクリアするのか…。競争が始まりました。

ここでは、新たな力を身につけたアンディと風子が圧倒すると予想します!

ユニオン全員で動きを止めたヴィクトルと、互角の戦いを見せたアンディと風子。その力を発揮してほしいですね!

まとめ

この記事では、アンデッドアンラック【49話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

「アンデッドアンラック」を1冊無料で読む