週刊少年ジャンプ

アグラビティボーイズAGRAVITY BOYS【45話】最新話ネタバレ感想!20年前に戻り地球を滅亡から救う

こんにちは。ひらりです。2020年11月21日(土)発売の週刊少年ジャンプより、AGRAVITY BOYS【45話】「Go Now」を読みました。

44話では、「オイル・ダジュール」に侵入したサガ子たち。

オイルキングの8時間ライブに突き合わされて疲労の濃いクリスでしたが、性転換までして助けに来た3人の友情に感謝をします。

途中でバチェラーみたいな展開になりましたが、それでもオイルキングを叩きのめすことに成功します。

それでは、この記事では、アグラビティボーイズ【45話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

アグラビティボーイズ【45話】最新話ネタバレあらすじ

クリスを救助したサガ子たちは通信機が壊れているためグリスロウと連絡が取れませんが、この混乱に乗じて屋敷からの脱出を図ります。

驚くサガ子。

何と上半身はババ江、下半身が元のババズラギに戻ってきているのです。

残り時間まではまだ2時間弱あるはずですが、ババは男性ホルモンが多かった反動なのか意見がまとまらないゲラ美。

挙句に変な相対性理論だとお馬鹿な発言。

ニサリの命令で助けに来たウルマンの手引きもあり、ババが露出狂の姿になりながらも何とか宇宙港に到着に成功。

残り30分で惑星からの脱出に成功しました。

一息ついた4人。

12時間だけ女性だった記憶は忘れていたほうが良いと話すクリスは、メインモニターを見ています。

ついにAM社が時価総額のランキング入りを達成したのです。

資金と資格を得た4人。

ついに本格的にタイムマシンを手に入れる準備が整いました。

20年前に戻り地球を滅亡から救うと張り切るタチバナ、ババ、クリスですが、ゲラルトはまず地球に行く方法について質問をします。

タイムマシンはいわば空間移動です。

そのため、タイムマシンをα・ジャンブローから20年かけて地球のあった座標に運ぶことが基本方針となります。

いずれにせよお試しタイムマシンを購入して実験がありそうだと話すゲラルト。

この自由連合の方針に対して、グリスロウたち北方同盟も基本的には同意。

ただし、タチバナたちはムチャクチャやらかす連中なので同行するつもりです。

そのころタチバナたちは、タイムマシンのカタログを見ながら色だシルエットだと喧々囂々としています。

アグラビティボーイズ【45話】感想

扉絵は今まで女性キャラの少なさを反映してか一気に紹介してきました。

ウルマンが男性かと思っていましたが、素顔は小柄な褐色娘のクールビューティー。

性転換で残り時間が少なくなると副作用が出るのはお約束の展開ですが、やはりババが一番の弄りキャラでした。

半男半女のふたなりのシーンを含めて、よくも掲載できたものだと攻めまくりです。

後半は一転して男性に戻りましたが、ゲラルトが前半の馬鹿さから元の天才に戻り、そのギャップが極端すぎました。

アグラビティボーイズ【46話】考察予想

AM社の成功で資金と格を得たことでタイムマシン購入直前までたどり着いた4人。

女体化した記憶が残っているのが少々気になりますが、スピードのある展開で本来の目的である地球滅亡の危機回避は忘れていなかったようです。

今回感心したのは一見ふざけたマンガかと思っていましたが、タイムマシンに関する会話を見ると、時間軸と空間軸を混同しないなど、SF考証がしっかりしていることに気が付きます。

次回以降お試しタイムマシンを通じての騒動が描かれる展開になりそうです。 

AGRAVITY BOYS【46話】へ

まとめ

この記事では、アグラビティボーイズ【45話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!