週刊少年ジャンプ

アグラビティボーイズAGRAVITY BOYS【41話】最新話ネタバレ確定&感想!

こんにちは。2020年10月26日発売の週刊少年ジャンプより、AGRAVITY BOYS【41話】「HEART」を読みました。

40話では、センターCを記念したラジオDJで始まる番外編。 クリス女性説にはじまり、ババのコブシを効かせた音楽コーナー。 怪しい過払いCMに謎ポエム。

収集がつかないグダグダで番組が進行する中、最後は登場するかもしれないキャラとして、何の脈略もなく葛西純が紹介されるのでした。 

それでは、この記事では、アグラビティボーイズ【41話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

「アグラビティボーイズ」を1冊無料で読む

アグラビティボーイズ【41話】最新話ネタバレあらすじ

新しいタイムマシンのCMが流れています。

今度はゲート型ですが、近日発売とのナビゲーターは葛西純でした!

何だかんだで業績順調なAM社は、次の商談をまとめれば銀河系の時価総額企業にランクインするまでに成長していました。

しかし、惑星ヒューでの取引は、相手の都合で急に中止となりました。

理由を告げることなく逃げるようにして去る取引先。

すると僕の命令だと爽やか、いや、星形のニップレスにはピアスで短冊をぶら下げる怪しい青年が登場してきました。

彼こそ超大手企業の取締役テスタニサリです。

早く乳首を隠せと突っ込みが激しい中、勝手に話を進めるテスタニサリ。

するとお供する人事部のウルマンから時間だと告げられて、脈略なく一句読み始めます。

「消えないよ この想いまだ 青いまま」

見た目通りの変態ぶりに驚くタチバナたち。

テスタニサリは俳句に似た、ヘイクという文化に感銘を受けて10年前からこのスタイルを確立したようです。

テスタニサリがモニカ兄と知りゲラルトたちは驚きますが、モニカの男性不信の理由も何となく理解しました。

ともあれ、乳首ヘイクの勝負に挑むゲラルト、ババ、タチバナ。

この世で一番低いレベルのヘイクが次々と披露される中、モニカからの通信がゲラルトに入ります。

オフを満喫するモニカでしたが、ヘイクと乳首短冊は大嫌いと言う妹のコメントを聞いてダメージを受けるテスタニサリ。

夢ならばと今日一番の真に迫るヘイクを唄い終えると、ウルマンに担がれてその場を退席します。

何となく釈然としませんが、とにかくAM社は勝ったようです。 

アグラビティボーイズ【41話】感想

前回の暴走回から本来の話に戻りましたが、いきなり一連の黒幕であるテスタニサリが登場です。

しかし、乳首に短冊とはインパクト有り過ぎです。

この格好でモニカに好かれると思う発想もどうかしていますが、AM社との乳首対決でクリスを参加させなかったのは、この作品での少ない良心でした。

ゲラルトの残念な作品はとても地球最高の頭脳とは思えません。

そして、前回でお前誰だよと爽やかな笑顔を振りまいた葛西純。単なるネタキャラかと思いましたが、CM出演していることから彼の職業は芸能人? 

アグラビティボーイズ【42話】考察予想

タチバナたちとのヘイク対決というよりは、モニカに嫌われたことで事実上の敗北宣言したテスタニサリ。

残る四天王の一人はウルマンですが、作中これといった能力の紹介も無く素姓もバレてしまったことから、今後AM社の商談を極秘裏に妨害することは困難なはずです。

ということは今後の商談をまとめれば、クリスの言うようにAM社が一流企業の仲間入りとしてランクインする可能性が高くなりました。

地球帰還のため高性能タイムマシンの情報を手に入れるチャンスを掴みそうです。

アグラビティボーイズ【42話】へ

まとめ

この記事では、アグラビティボーイズ【41話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「アグラビティボーイズ」を1冊無料で読む