週刊少年ジャンプ

アグラビティボーイズAGRAVITY BOYS【43話】最新話ネタバレ確定&感想!

こんにちは。ひらりです。2020年11月9日発売の週刊少年ジャンプより、AGRAVITY BOYS【43話】「GIRLS in the α・Jumbro」を読みました。

42話では、クリスがオイルキングの私有地惑星にさらわれました。 しかしその惑星は男子禁制。

そこでタチバナ、ゲラルト、ババの3人は、クリスを救出すべく性別を減点させるジェナダイバージョンを使用。 今秋から“AGRAVITY GIRL”が始まります?

それでは、この記事では、AGRAVITY BOYS【43話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

アグラビティボーイズ【43話】最新話ネタバレあらすじ

煙から姿を現した元男性3人。

タチバナはサガ子。

ゲラルドはゲラ美。ババはババ江です。

この様子を見て明らかに楽しそうなコージ。

しかし、哀れでクソマジメなクリスを救出するには、タイムリミットは12時間しかありません。

一旦落ち着こうにも落ち着き過ぎる3人。

コージはお前たちが得する機会などあるものかと、ジェナダイバージョンには身も心も性転換する作用があったのです。

ともかく後方支援は必要だと北方同盟を訪問する3人。

しかし、その姿はあまりにも強烈すぎました。

ルオの意識は飛んでしまい、アルに至っては氷ついてしまいました。

仲間が再起不能になったと切れるグリスロウに対して「ごまかさないで」と正面を見据えるサガ子。

だから何を誤魔化しているの?

するとゲラ美とババ江も参戦して1対3トーク。

とにかく北方同盟からは協力を得ることが出来ました。

しかし、作戦立案は?

地球最高頭脳のゲラルトは、ゲラ美への副作用で底なしのバカに代わっていました。

この救いようのない展開。

すると今度はババ江が真っ赤になって顔を覆い隠します。

グリスロウたちの黒光りスーツの下半身に直視が出来ないというのです。

大の下ネタ好きの反転した姿。

必死に庇うサガ子でしたが、いつも天然だから愛されると嫉妬のババ江。

ついにはショコラの名前について、ゲラ美に対してもひと悶着を起こしてしまします。

それでも最後は茶番のような展開で仲良くなる3人。

残り10時間を切る中、ようやくクリス救出を思い出したサガ子たちは「オイル・ダジュール」への侵入を決意。

一方、オイルキングに自分の完コピダンス8時間を見せられてグロッキーのクリス。

通信手段もない、周りは警備ロボットだらけです。

まして自分が男だとバレることを危惧しますが、それでも頼れる3人を信じるクリス。

しかし、その3人は只今メイクに余念がありませんでした。

大丈夫か・・・・これ?

アグラビティボーイズ【43話】感想

今週もハチャメチャ過ぎる展開。

ジェナダイバージョンの効果については、心も性転換するという面白い設定でした。

映画「君の名は」のように、心はそのままで性別が変るとお約束のように男性は胸を触ると言うシーンはありませんでしたが、

ゲラ実が底なしのバカになったり、下ネタ大好き男が下ネタを嫌悪するという斬新な流れでした。

また、性転換した3人の外見ですが、悔しいほど女の子として可愛い姿になっていました。

3人の中で高身長で巨乳、腹筋バキバキのババ江が高スペックすぎですが、ババはもうこのままで良いかもしれません(笑) 

アグラビティボーイズ【44話】考察予想

矢吹神の「あやかしトライアングル」とネタかぶりでしたが、目指す方向性が異なるので次回も楽しめそうなボーイズ、いやガールズたち。

ゲラ美が知的活動が苦手なことから、救出作戦を考案するのはサガ子かなぁと思います。

オイル・ダジュールに向かう際に、水着を検索していたことから、やはり次回は水着回でしょうか。

残り10時間しかないといためら、今回のクリス誘拐事のオチについては、水着姿でプールを楽しむタチバナたちが時間切れをとなり、突如男性の姿に逆戻り。

そんな可能性が一番高そうです。 

アグラビティボーイズ【44話】へ

まとめ

この記事では、アグラビティボーイズ【43話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね!

「アグラビティボーイズ」を1冊無料で読む