逃げ上手の若君

逃げ上手の若君【11話】最新話ネタバレ確定&感想|無欲?信頼を壊す目的の風間

こんにちは。ひらりです。

2021年4月5日発売の週刊少年ジャンプより、逃げ上手の若君【11話】「坊ちゃん1333」を読みました。

10話では、犬追物にて時行は見事貞宗に勝利しました。逃げる時こそ本領を発揮する時行は、耳を射られた巫女の仇討ちも果たして大満足。

貞宗はもう手出しはしないという約束を守るつもりはないと負け犬の遠吠えをしながら諏訪を後にしました。

それでは、この記事では、逃げ上手の若君【11話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

逃げ上手の若君【11話】最新話ネタバレあらすじ

もうしばらくは手出しをしてこないだろうと思われていた貞宗は昨日の今日にも関わらず笑顔で再登場します。

この日は帝からの綸旨を持っており、北条に与していた諏訪の諏訪湖以北を没収すると嬉しそうに言いました。

帝の綸旨に背くことは絶対に出来ません。

10日以内に該当の土地に住む者は退去することになりました。

しかし当事者たちは納得がいきません。

先祖が苦労して開墾した土地を小笠原に渡すことは出来ないと泣いています。

その中でも怒りに震える諏訪神党の三大将祢津頼直、海野幸康、望月重信は頼重の指示があればすぐに小笠原の首を取ると意気込んでいます。

しかし頼重は今日はひとまず帰ってくれと言い、長寿丸こと時行だけをこの場に残します。

頼重は時行ら一党、名付けて「逃若党」に盗人風間玄蕃を加入させたいと言います。

まだ幼い風間ですが、あらゆる小細工を使い能力が高いと頼重は評価しています。

しかし諏訪も盗みをしている風間は頼重のことも警戒している可能性があるので、時行でなければ仲間にすることが出来ません。

頼重は風間を使い帝の綸旨を盗ませようとしています。

綸旨の発行には時間がかかるため、紛失した場合かなりの時間を稼ぐことが出来るのです。時行は渋々風間のところに向かいました。

諏訪から離れ桔梗ヶ原。この場所に風間がいるのです。

雫は村人に風間の居場所を聞こうとしますが、名前を出した瞬間村人たちは家に駆けこんで行き、戸締りをしてしまいました。

分かりやすい嫌われ様です。

時行たちがあっけに取られていると、風間玄蕃自ら時行たちの前に姿を現しました。

狐の面をつけています。

時行は長寿丸と名乗るも、風間は時行が北条の子孫であることを見抜きます。

そして小笠原に売れば金になると笑いました。

しかし時行は特に動揺しません、風間は感心すると共に、頼重のことを信頼しているのだと感じました。

その信頼を壊す目的で、風間は郎党たちの財布を盗み、口止め料で500万円、仕事1回500万円とありえない金額を要求しました。

風間は先代から金以外を信じても無駄なのだと教えられてきたため金に執着していました。

金が信頼関係を失うことを知っている風間は、時行が頼重に金を借りるたびに信頼が壊れていくことを期待しているのです。

しかし時行は風間が国ではなく金を要求したことに驚くと、無欲だと風間を抱きしめます。動揺させられたのは風間の方でした。

逃げ上手の若君【11話】感想

貞宗はしばらく来ないと言うのは私も考えていたことなので、ピカピカの笑顔で来たことにはとても驚かされました。

それにしてもむかつく顔です。手出しはしないという約束は見事に破るクズさです。

諏訪の者たちも我慢ならなくなっている中で、頼重の作戦が上手く行くのかが見物です。

お金のことも受け入れて風間が郎党の中に加わります。

まだ嫌われていることしか分かっていないので、どれほどの実力を持っているのか早く知りたいです。

逃げ上手の若君【12話】考察予想

次回は早速風間に綸旨を盗みに行ってもらいます。1人で行ってもらうことになるでしょう。

そつなく任務をこなしてくれるはずです。時行はお金があるのかないのか分かりませんが、それでもちゃんとお金を渡します。

そして、風間にめいっぱい感謝します。風間はなんだか調子がくるってしまいます。

金以外を信用してはいけないと言われて育った風間ですが、時行はそんな風間の信頼も手に入れてしまうでしょう。

新しい仲間として正式に迎えられるでしょう。

逃げ上手の若君【12話】へ

まとめ

この記事では、逃げ上手の若君【11話】のネタバレと感想&次話考察予想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございました。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。